Blog ページ1/1

何ヶ月かぶりにWindows機を起動して

信長の野望・天翔記などをやっていたら、動作が不安定に。何度か再起動をしたら、BIOSすら起動しなくなってしまいました。

つーことで、Windows機組み直しですかね。まったくもう。いい機会なのでMicro-ATX化しよう。


FreeBSDでNicolaF式(4)

次にVJE-Deltaとえせかんなを入れる。どちらもportsで普通に入れられる。.cannaはATOK風のものを適当に修正して使う。/etc/rc.confに以下の行を追加。

(続きあり)


FreeBSDでNicolaF式(3)

続いて、Cannaのインストール。portsでCannaのソースの展開(make patch)を行った後、Q's Nicolatter for Xのソースに含まれるCannaのパッチを適用してmake install。念のため/usr/local/etc/rc.d/canna.shの実行権限を外しておく。


FreeBSDでNicolaF式(2)

続いて、~/.Xmodmapの設定。こうする。

(続きあり)


FreeBSDでNicolaF式(1)

まずは/usr/X11R6/lib/X11/xkb/symbols/jpを書き換える。これは、Ctrl+Alt+BSをきちんと行うためだ。具体的には、

(続きあり)


ブラッドベリ短編集「瞬きよりも速く」読了

/static/images/blog/04081501t.jpg

節約生活の一環として、小説は図書館で借りるようにしているのだが、その第一弾として借りた上記の本を(2週間近くかけて)読了。

中身は、ブラッドベリらしいファンタジー。表紙が須藤真澄というのがちょっと意外(でもあるしらしいとも言える)。さて、次は何を借りようか。何はともあれ返却日は今日だ。


ナベツネオーナー辞任

System Message: ERROR/3 (<string>, line 34)

Error in "role" directive: no content permitted.

.. role:: i(literal)
   :class: i



     プロ野球、読売巨人軍は13日、東京都内で記者会見を開き、今秋のドラフトで、自由獲得枠での獲得を目指していた明大・一場靖弘投手(22)に対し、昨年12月末から今年7月まで、同投手に対し交通費などを含め計200万円を渡していたと公表し、渡辺恒雄オーナー(78)=読売新聞グループ本社会長=の辞任を発表した。

毎日新聞より。ええと、まあ裏金などどの球団もやっているわけで(カープも多分やっていると思う)、普通ならばこの程度(しかも自己申告)でオーナーを辞任することはないと思うが。

おそらく、プロ野球についてしゃべる度に読売新聞の契約世帯数が落ちていくことを危惧した新聞社が、ナベツネをマスコミの前から隔離した、ってのが真相でしょうな。


ThinkPadにOSを再インストール

最近、どーもノートの調子がおかしい。なんかlibraryの関係で立ち上がらないソフトがやたら多い。一昨年の秋に5.0-currentを入れて以来、パッチ当ての繰り返しだったからさすがにガタが来たか。current→5.1-RELEASEへのダウングレードとかもやっているし。そもそもcurrentのインストールが「4.7-RELEASEからのアップグレード」というかなりアレな手段でしたし。

(続きあり)


FreeBSDでEPSON GT-8300UFスキャナを使うには

とりあえずまとめておこう。FreeBSDサーバにGT-8300UFをつなぎ、さらにこれをネットワーク経由で別のFreeBSDマシン(のGIMP)からアクセスする方法だ。

(続きあり)


おのれヤフーめ

掲示板のFreeBSDの報告トピを削除するとは。速すぎる。Macカテあたりはもっと更新されてないトピが残っているというのに。

スキャナ設定とか、Nicolatterの設定とかを書き直さねばならないではないか

(2019/10/20追記)この頃は`ヤフー <https://yahoo.co.jp>`_にジャンル別の掲示板があって、そこに投稿してました。掲示板はその後Textreamと名を変えましたが、2018年末になくなりました


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。