Blog ページ1/2

市民球場跡地利用案

5/21のニュースなのでちと出遅れた感はあるが。跡地利用 民間提案11件に絞る(中国新聞)[archive]、というニュースのお話。

(続きあり)


Ultima VII日記(10)

その後は取り立ててつまづくことなくエンディングまで。 (デスパイスと最後のダンジョンは面倒だったが)


Ultima VII日記(9)

アラグナーのノートを持ってウィスプの館へ。

(続きあり)


Ultima VII日記(8)

スカラブレイへ。霊性の町は幽霊がうろつく廃虚と化していた。

(続きあり)


Ultima VII日記(7)

とりあえずニューマジンシアへ。

(続きあり)


航空機な選手

ボブさんのブログ[archive]でネタが振られていたので便乗。

(続きあり)


VCDを焼く手順

ちょっと調べてみたので備忘録がわりに。LinuxやFreeBSDでVCDを焼くには、mkvcdfsとcdrdaoが必要。FreeBSDだと前者は multimedia/vcdtools, 後者は sysutils/cdrdao に入っている。Ubuntuでも、それぞれvcdtools, cdrdaoというパッケージを使用する。なお、今回はubuntuでmkvcdfsを、FreeBSDサーバでcdrdaoを使用した(だってデスクトップにCDRついてないんだもん)。念のため、CDへの書き込みにはSCSIエミュレーションを使用した(FreeBSDのatapicamを使用)。

以下、手順を説明。

(続きあり)


新球場二題

最近、広島新球場関連のネタが多くなったのでカテゴリを分けました。

んで、ニュース1。広島市が前回のコンペの報告を公表しています(リンク切れ URL: http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1116823311281/index.html) (4/11、4/25の発表資料)。特に重要なのが広島市新球場設計・技術提案競技選考委員会の選考結果について市議会,関係者への説明(4月11日、17日開催その2)(2MB)(PDF文書)[archive]。カープの要望などがより明確な形で記載されています。抜粋すると、

(続きあり)


ubuntu: scmail/scbayes

FreeBSDで使っていたメール振り分け/スパムフィルタのscmailをubuntuでも使ってみる。Synapticでインストールして、エラー回避のための修正を行ってさて実行。

(続きあり)


ubuntu:fluxboxの導入

いろいろあって、FreeBSDからubuntu Linuxへの移行を検討中。

(続きあり)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。