Blog ページ1/1

予告 明日はこのサイトを一時停止します。

このサイトを動かしているサーバのケースファンが今ものすごい異音を立てているので。たぶんファンのベアリングがかなり摩耗してるっぽい。

なので、明日ファンか、場合によってはケースの交換をするため、(ついでにOSのアップデートもやっておきたい)このサイトにつながらないかもしれませんが、それはそういう理由です


死角は無いな、ジャイアンツ

1 遊 こさっち (ロッテ)

2 中 よしくん (オリックス)

3 三 ガッツ (ハム)

4 一 国民的 (ロッテ)

5 捕 スラガガー (ハム)

6 右 小関 (西武)

7 左 キムタク (ハム)

8 二 古城 (ハム)

代打 漢・大道(交流戦のときはDH)

うむ。完璧だ。


平野市議のサイト更新(3)つづき

追加されています。しかも、前回のコンペで失格になった環境デザイン研究所案のイメージ付きです。(非公開の図を公表したことの是非はここでは問いません。が、ありがたく保存させていただきました)

(続きあり)


平野市議のサイト更新(3)

今回のコラムは、(コラムの中では明記されていませんが)鹿島の関与に関する問題提起、エンティアム案との類似性の指摘を行っています。その上で「このコンペは官製談合では無いのか」と市長を批判する構成となっています。

(続きあり)


新球場のスコアボードと座席

宮本市議のブログに、平野市議の06/10/31のコラム

以前から市民の皆さんに個々に説明していた観戦用のイスのサイズも小さくグレードを下げていますし、大型のスクリーンが付いていたはずのスコアボードも縮小していますし、

というコメントに対する見解が記載されています。(宮本市議の見解1見解2)

追記しました(11/9)

追記しました(11/10)

(続きあり)


黒田残留について

いいね、こういうのは。

私はミネソタツインズのファンでもあるわけだが、今回の黒田の姿がツインズのエース、ブラッド・ラドキーと重なってしょうがない。

ラドキーと言えば、メジャーでチーム削減の動きがあって、しかもその対象の一つがミネソタツインズであるにも関らず、ツインズと長期契約を結び、ミネアポリスに家を買った漢である。その後、ヨハン・サンタナが頭角を表すわけだが、エースはラドキーだろ、やっぱり。

つーことで、カープにもサンタナみたいな若手が出てこないかなー、大竹がんぱれよ、と思う次第であります。


環境デザイン研究所について気づいたこと

別に新事実、というわけではなく、市の公式資料にちゃんと書いてあることなのですが。私自身も宮本健司広島市議のブログの田辺一球氏のコメントを読んで気づいた次第。

環境デザイン研究所の名誉所長(創業者)の仙田満氏は「東京工業大学建築学科名誉教授」という肩書をもっています。以前は教授で、今年度から肩書が名誉教授になったようです(2005年度末に名誉教授に推薦されています)。

そして、仙田氏はこっちの肩書(当時は教授)で、新球場建設検討委員会 に参加しています。

(続きあり)


【転載】10/28のRCC Eタウンのまとめ

2ch 球界再編板の「広島新球場問題を考えるスレ【そのⅤ】」レス番788からの転載です。スレがそろそろ落ちそうなのでサルベージしときます。(内容は変えてはいませんが、多少成形しています)

(続きあり)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。