Blog ページ1/1

何故今ごろ?

一昨日の読売新聞に「広島新球場 建設費90億円 財源確保難題」なる記事が。(新聞記事のスキャン)

新球場のコンペは3ヶ月も前の話だし、補正予算の件とか、分担が決まって無いこととか、松山や倉敷の比較とか(なぜかもっと安い宮崎やいわきの話が出てこないところとか)、田辺一球氏の主張の焼直しだし。

なぜこの時期に? 因みに署名の北谷圭氏は、読売新聞のカープ番記者の模様。


東広島の新球場

東広島の新野球場に熱い視線(中国新聞) [archive]

両翼100m、センター122m。完成すれば、県内初の「公認野球規則のプロ仕様を満たした球場」となります。アマ用の仕様をクリアした球場 -両翼310フィート(約97.5m)以上、センター400フィート(約121.9m)- をクリアした公営球場としては、呉二河球場に続く二番めとなります。私設のものでは、修道大のグランドがクリアしてるようです。ただし、呉二河球場は「ファウルエリアの深さ60フィート(約18.3m)以上」というルールを完全には満たしていない(外野に向かってファウルゾーンが狭くなっている)ため、「公認野球規則を完全に満たした球場」としては、東広島の新球場が県内初、となります。

しかし、広島市はアマの試合ができるレベルの公営球場が県営と市民球場だけ、ってのは少なすぎだと思う(陸上競技場が2つ、球技場も3つあるのに)。新球場作っても市民球場はアマ用として存続させた方がいいと思うんだけどね、川崎みたいに。


G・グローブ賞助演女優賞候補にあの人が

「バベル」の菊地さん、助演女優賞候補 G・グローブ賞(アサヒコム)[archive]

四番DHよしこじゃねーか。しかしDHなのにゴールデングローブ賞とはこれいかに。


バンバークレオ、メジャー昇格

元西武バークレオ氏、アスレチックス打撃コーチに=米大リーグ (リンク切れ。 URL: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061205-00000041-jij-spo)

育成扱いの外人だったはずが、一年限定とはいえ活躍できた時は、さすが根本、と思ったものだった。広島時代はパッとしなかったが。

どうでもいいが、"Van Burkleo"までが名字だぞ、時事通信。


グラボースキー残留かよw

グラボースキー残留濃厚…2年目の“大化け”期待(リンク切れ。URL: http://www.sponichi.co.jp/osaka/spe1/200611/29/spe1200102.html 参考:同じニュースの日刊スポーツの記事[archive])

オリックス、ジェイソン・グラボースキー内野手(30)の残留が28日、濃厚となった。30日提出締め切りの保留選手名簿に記載され、機谷球団代表は「契約する意思があるということ」と説明した。今季はガルシア、ブランボーに次ぐ第3の外国人野手の位置づけで39試合に出場したが、打率・146、4本塁打と低迷。同代表は「満足できる数字ではない」としたものの、ドジャース時代のコリンズ監督の教え子という点も含め、2年目の大化けを期待した。

[ 2006年11月29日付 紙面記事 ]

ま、二年目に大化け、てのは結構有るので残しても損は無いかも。そう言えばルーズベルトブラウンは今どうしているのだろうか。

調べてみた。去年までホワイトソックス傘下のAAAシャーロット・ナイツにいた模様。そこから先は不明。


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。