Blog ページ1/1

さて、清水と鹿島が指名停止の見込みなわけだが

既に大林が消えているので、竹中と大成の争いということか。

Yahoo! ニュースより[archive]

名古屋市発注の地下鉄工事を巡る談合事件で、名古屋地検特捜部は28日、公正取引委員会の告発を受け、大手ゼネコン「大林組」(大阪市)名古屋支店元顧問・柴田政宏被告(70)(名古屋市)(別の談合事件公判中)を独占禁止法違反容疑で再逮捕、さらに、他のゼネコン4社の営業担当者4人を同法違反容疑で逮捕した。

逮捕された4社の担当者は、「鹿島」(東京都港区)名古屋支店次長・浜島哲郎(57)(愛知県安城市)、「清水建設」(同)名古屋支店元営業部長・河島嘉(61)(三重県東員町)、「前田建設工業」(千代田区)中部支店元副支店長・柴田幸男(59)(名古屋市)、「奥村組」(大阪市)名古屋支店元次長・後藤邦夫(63)(名古屋市)。


前回コンペの議事録が公開

広島市新球場設計・技術提案競技の結果について(広島市サイト)[archive]より見ることができる。

中でも「第2回広島市新球場設計・技術提案競技選考委員会(平成18年3月8日開催)議事録[archive]」が興味深い。

(続きあり)


平野市議のサイトが更新(2/21)

まずは、所信表明。あくまでも私は新球場ネタを追っかけているだけであって、平野市議のヲチをやるつもりは無いので。なんで、球場以外のネタには原則突っ込みません。

ということで、平野市議のコラムが更新されました

(2/24追記あり)

(続きあり)


とりあえずツッコミは入れておいた方がよさそうなので

平野市議の最新のコラム

(2/19追記あり)

それから、ダン・ミース氏の新しい会社「Nadel」の設立と日本国での建設業の登録が出来ていれば、前回の事業コンペは、日本企業ではなくこの「Nadel」を参加させたかったというのが建設会社の思惑ではなかったのでしょうか。企業内部からも、アメリカ企業を参加させたいのだが、手続き上、間に合わないとの話を聞いた覚えがあります。

(続きあり)


新球場の基本設計ができた模様。

広島新球場(仮称)基本設計概要 [archive]

とりあえず、気づいた所などを。

(続きあり)


ダン・ミース氏に関するあれこれ

平野博昭広島市議が、「広島新球場官製談合疑惑」のキーマンとして挙げているダン・ミース氏(リンク12ですが、氏の建築家としての略歴が載っているサイトを見つけました。

なお、以前の記事 では、ミース氏の綴りを"Mies"としていましたが、これは間違いらしく、"Meis"が正しいようです。また、海外のサイトでは氏のファーストネームは「ダン」で通っているようなので、このサイトでもその表記に準じます。

(続きあり)


Firefoxの文字化け対策

ここ最近、FreeBSDでブラウズをしていてずっと気になっていたのだが、なぜか、半角の「ム」という字が文章中に表示されることがある。文脈から判断すると、横線の代わりに半角の「ム」が表示されるようだ。

で、ふと気づいて、このムの時をターミナルにドロップしてみた。ターミナルに表示されたのは"2014"という文字列。つまり、ユニコードのx2014に半角の「ム」が割り当てられる、という状態になっていた。どうやら、web用に使っているIPAモナーフォント[archive]に鍵がありそうだ。早速、フォントエディタの`FontForge <https://fontforge.org/en-US/>`__をインストールして調べてみる。

(続きあり)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。