Blog ページ1/1

新球場の費用負担が決定

かあぷ屋さん本舗さんの所より。鯉魂さんのコメントが興味深い。

今日の中国新聞の29面に、下水道国庫負担金3億が充当されたことや、球場収入の見直しが行われた結果、地元負担金は安くなるだろう、と書かれていましたので、おそらくその成果だと思います。

10億の上乗せについては、

  • カープの年間使用料金が1900万円上乗せされたこと

  • その他の収入の見直し

・・・・等々みたいですね

(続きあり)


アスリート六月号

明日発売予定のアスリートマガジンの2007年6月号の目次が公開されました。

とりあえず、田辺一球氏のコラムである(と思われる)「Save My Carp」と「風を詠む」は掲載されている模様。

土曜にでもアスリート買って読んでみます。


イスメーカとは

平野市議の平成19年1月9日のコラムより

平成12年11月7日から17日の間に経済視察団が派遣された時、視察団のメンバーである高村都市計画局長(当時)がダニエル・ミース氏を訪ねたらしいのです。それを受けて、ダニエル・ミース氏は広島を2回訪問していますが、その1回目は帰国後の平成12年11月末から12月初旬で、某民間企業、噂によればイスメーカーの社長が同氏を連れて秋葉市長を訪問されているはずです。

市長と談話した後、高村都市計画局長とも会っているのですが、そのとき高村局長が「ダニエル・ミース氏に貨物ヤード跡地をベースにボールパークのデザインをしてもらいたい」と発言したのに呼応して、某民間企業社長は「市長が大変ダニエル・ミース氏を気に入っている」と応えられたようです。こんなところから官製談合が始まっているのではないでしょうか。

当時の局長の周辺の担当職員は、この事実上の談合を阻止しようとしたにも関わらず、局長は市長に「何とかしろ」と言われたらしく、職員の諌言をも振り切る素振りを見せ、結局は某民間企業社長が資金を出してオリジナル作品が作成されるという方向へ話が進んだのではないでしょうか。

さて、このイスメーカーがどこであるか、ということなのですが。

(続きあり)


田辺一球氏の携帯サイトがアスリートから独立した模様

2ちゃんねるの球界再編板の新球場スレのレス246で言及されてはいたが。

携帯アスリートより

ご愛顧いただいております田辺一球のコラム「赤の魂」ですが 筆者の都合により連載終了とさせていただきます 長らくのご愛読ありがとうございました

ま、個人の都合は知るには及ばないが さらばだ、一球 元気でやってくれ

今後はできたての自前のサイト「赤の魂[archive]」で携帯サイトも運営するらしい。

(続きあり)


アスリートマガジン2007年五月号

巻末の田辺一球氏のコラムが熱い。

例によって平野市議のコラムの引用が多い。正直なところ、平野市議のコラムを持ち上げるのはどうかと思う。だって、市議のコラム、矛盾だらけで読めば読む程「市議や田辺氏の方が変」つー結論になるじゃないですか。

(続きあり)


Gentoo-AMD64:無線LAN

デスクノートのOSをFreeBSDからGentoo Linuxに入れ換え始めて一週間ちょい。ようやく一通りの設定が完了した。

あれこれ設定して気づいたのは、ドキュメントの豊富さ。ハンドブックGentoo Portage[archive](Portageの検索に便利)、Gentoo-Wikiをおさえておけば、大抵のことは解決できる。

で、無線LAN。これはハンドブック[archive]どおりにやるだけではだめで、カーネルの再コンパイルが必要。Gentoo WikiのHARDWARE Asus A7T[archive]が参考になった。なお、madwifiの再ビルドも必要。

再起動したら画面がブラックアウトしてびっくりしたが、別のPCからSSHで入ってログを見たところ、fglrxドライバ(ATIのビデオ用のドライバ)がこけていた。てことでati-driversを再ビルドして解決。

さて、gnomeとkdeでもビルドするか。


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。