TOWNS用親指シフトキーボード

私、昨年末あたりから親指シフト入力に移行しておりまして、自宅のFreeBSDマシン2台(Q's Nicollater)とWindowsマシン(昔買ったOAKV8)、それから職場のWindowsマシン(Japanist2002)と、片っ端から親指化しております。また、20年来のFMユーザとしては、専用機やFMシリーズの配列に近いF型配列を基本としたいところです。(JISキーボードでいうところの":"の位置にBackSpaceがある、というのはなれると非常に便利なのです) Q's Nicolatter環境でもF型配列を実現すべく、Xの設定をいろいろいじっています。

練習の甲斐あってか、なんとか親指シフトでタッチタイプが出来るようになりました。というか、私、PC歴20年のくせに今までタッチタイプが出来ませんでした(爆)。未だに英数入力はキーボードの刻印を見ながらでないと入力できません。(覚える気もありませんが。英文入力の場合、変換作業が無い分、画面に注目する必要性は比較的低いですし)

と、いうわけで、さらなる親指シフト化の推進のため、TOWNS用の親指シフトキーボードを入手しました。

/static/images/blog/04032701t.jpg

写真をクリックするとより解像度の高い画像にジャンプします。奥にあるのは今まで使っていたJISキーボードです。

何というか、リターンキーの上の2つのキーを上面無刻印とした豪快さには清々しさすら感じます。最高です(笑)。

でもかな漢字キーが押しにくそう....

註:TOWNSでは、Windowsでいうところの「IMEのon/off」(106キーならAlt+半角ですね)が「かな漢字」キーに割り当てられています。これはTOWNS用のWindowsでも同様です。AT互換機でもAXキーボードは同様です。

コメント(1)

  • 投稿者: ぎっちょん
  • 投稿日時: 2004/06/11(金) 21:42[JST]

Googleの検索でたどり着きました。

いろいろな環境で親指シフトを使われているのですね。

親指シフトに関するサイトを開設しておりますので、よろしかったらお立ち寄り下さい。掲示板もありますのでどうぞご覧ください。
(URL: http://homepage3.nifty.com/gicchon/)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。