今一度Gentooにトライ

やっぱりFreeBSDのウェブブラウザはちとアレなので、やっぱりLinuxへの移行を検討。

まずはノート(ThinkPad i1124-93J)から。試行錯誤の連続だったが、とりあえずネットワークが動くところまでできた。以下、忘備録代わりのメモ。

インストールに当たり、以下のサイトを参考にした。

Gentoo自身はフロッピーベースのインストーラを持っていないため、他のLinuxのインストーラを借用する。Gentooの公式ハンドブックではarchLinuxを推奨していたが、これだとPC card のNICを認識してくれなかった。いろいろ調べてみたところ、Plamo Linuxで行けそうなのでこれを使うことにした。

Plamoのインストール用フロッピーで起動した後、fidiskでswap(/dev/hda1), /boot(/dev/hda2)、root(/dev/hda3)のパーティションをつくって、以下のように初期化。rootはreiserFSを使ってみた。

# mkswap /dev/hda1
# swapon /dev/hda1
# mke2fs /dev/hda2
# mkreiserfs /dev/hda3

続いて、ネットワークの設定。eth0は自動認識されていたので、以下のコマンドでIPなどを設定。

# ifconfig eth0 xxx.xxx.xxx.xxx
# route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx eth0

さらに、DNSの設定。viで /etc/resolv.conf を編集。

; /etc/resolv.conf
domain my.domain
nameserver xxx.xxx.xxx.xxx

続いて、作成したパーティションのマウント。

# mkdir /mnt/gentoo
# mount /dev/hda3 /mnt/gentoo
# mkdir /mnt/gentoo/boot
# mount /dev/hda2 /mnt/gentoo/boot
# mount -o bind /proc /mnt/gentoo/proc

Gentooは、まず必要最低限のシステム(stage1)をインストールして、それから実際の運用時に使うシステム(stage2,3)をビルドする。FreeBSDでいうところのmake worldをいきなりインストール時にやってしまうようなものなのかな? んで、stage1のダウンロード。今回は"2005.0"というリビジョンのもの。より新しいバージョンの場合は、そのバージョンに読み替えられたし。あと、bzip2のバイナリもとってくる。そして、stage1を展開。なぜか(bzip2のバージョンの問題?)いくつかのファイル( /usr/include 以下のファイルとか)が展開されないが、これは後でもう一回展開し直すことで解決できる。

# cd /mnt/gentoo
# wget http://152.2.210.109/pub/linux/distributions/\
>gentoo/releases/x86/2005.0/stages/x86/stage1-x86-2005.0.tar.bz2
# wget http://www.digistar.com/bzip2/v100/bzip2-100-x86-linux20
# mv bzip2-100-x86-linux20 /bin/bzip2
# chmod a+x /bin/bzip2
# bzip2 -dc stage1-x86-2005.0.tar.bz2 | tar -xvpf -

さらに、 resolv.conf をコピー。

# cp /etc/resolv.conf /mnt/gentoo/etc/

んで、chroot。gentoo標準のエディタであるnanoは、環境変数TERMの値がvt100でないと動かないので、それも設定。

# chroot /mnt/gentoo /bin/bash
# env-update
# source /etc/profile
# bzip2 -dc stage1-x86-2005.0.tar.bz2 | tar -xvpf -

ここから先は、ハンドブック通りにやっていけばインストール完了。注意する点は、 /etc/fstab に記述する /boot のファイルシステムが(ext2ではなく)ext3であるということ。(追記: ←の注意点は間違いだった)

つづいて無線LAN(Atheros社製チップを使った、I・OデータのPCカード)の設定だが、これは稿を改めて。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。