Appleのバーチャルマシン特許

Mac系ニュースサイトで噂になっている特許。Macユーザな人たちは、「Virtual PC機能付Mac OSX for intel」みたいなのを期待してるっぽいが、多分違う。

ブツはこれだ。

すごくざっと斜め読みしてみたけど、「第1のオブジェクトコードからtamper-resistanceな技術を使って第2のオブジェクトコードを作って、これを実行する」ってのが基本的な技術。んで、第2のオブジェクトコードを実行するOSが、Mac OSXだったり、Windowsだったり、Linuxだったりする。或いは、第2のオブジェクトコードがバーチャルマシン上で実行されたりする。

tamper-resistanceってのがどういうことなのか、きちんと特許を読んでみないと何とも言えないけど、多分「リバースエンジニアリングみたいなことをせずにコードの置き換えを行う」くらいの意味じゃないかな。間違ってるかもしれんが。

つまり、この特許、基本的には例のrosettaって奴に関連する発明。あと、WindowsとかLinuxとかのくだりは、「一つのオブジェクトコードからWindows用やLinux用のオブジェクトを作れますよ」、というくらいのことじゃないかと。

"installing"とかのフレーズもあったりするし、「マルチプラットホーム型インストーラ」みたいなのも視野に入れているようだ。iTunesみたいなMac/Win両方で出しているアプリケーションの開発なんかにも使おうとしているような気もする。

結論: この特許と「Mac OSX for intelでWindows用アプリが動くかどうか」はあまり関係ない。

個人的には、こういうやり方でプラットホーム依存度の低いアプリを開発して、AppleがLinux用のアプリをがしがし作ってくれるのなら、一FreeBSDユーザとしては歓迎。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。