一球氏は相変わらずですな

2chのスポーツ施設板新球場スレより。元ネタは多分一球氏の携帯サイト。

689 :7列74番 :sage :2008/08/01(金) 15:01:13 ID:xNQ79Xpm

見たくない人は以下スルーしてください↓

今日の一球

先日、直接、地元のメディアが視察に訪れた新球場は「世界に誇る」にはやはりほど遠いものでした。 例えばカメラマンが入るカメラ席。何と現球場よりもスペースが狭いのです。 「考えられん!」と現場でクレームの嵐が巻き起こり、照りつける陽射しの下で現場設計担当と広島市担当者とカメラマンの不毛の論議が延々と続きました。

「市民球場のカメラ席を計測して…」というのが市の主張。とんでもない話です。せっかく新しい球場を作るのに同じスケールで考えてどうなるというのでしょう? この「現球場並み…」の発想はすべての点に置いてその根底に存在します。 ほとんど知られていませんが、新球場は当初の基本設計よりずいぶん建築面積、総床面積とも削られています。 私が新球場の一塁ベンチに立って球場全体を見渡しての感想は「すいぶん狭いな」というもの。メジャーの球場とまではいかなくても、例えば倉敷マスカットや松山坊っちゃんと比べても何だかスケールが小さく見えてしまうのです。 1階スタンドの勾配が緩いからそう見えるのか、建築中の二階席以上ができれば、また違ってくるのかは分かりませんが…。 ただひとつ言えることはずいぶん建設資金をケチっているということです。 新球場はスロープを上がって二階に正面入り口があります。老いも若きもそのスロープを上がらないと球場に入れません。 駅前からさんざん歩かされさらにスロープ広島で言えば比治山に設置されている斜面用の動く歩道と同様の設備が用意されてしかるべきですが、まったくそのような気配さえありません。

まずカメラマン席ですが、確かに市民球場よりも狭いかもしれません。でも、ざっと写真集を見てみた限りではメジャーはもっと狭い。そこそこ広いシェイスタジアムで新球場と同じくらい。ま、観客>選手・スタッフ>マスコミになっているのはカープの希望通り(つか、こういった機能面についてはカープが提案した内容通り)なわけで、文句があればカープへどうぞ。

また、建築面積、延床面積ですが、

建築面積

延床面積

コンペ時

26990

55010

基本設計

24100

40600

実施設計

22845

39282

となっており、確かに削られてはいるのですが、それでも日本の屋外球場としてはかなり大きいほうです(てかコンペ時のスケールだと、ダントツで日本一です)。そもそも基本設計→実施設計なら大して変わっていないし。ちなみに、これが坊ちゃんスタジアムの座席図(松山中央公園のwebサイト[archive]より)で、こっちがほぼ同一スケールに調整した新球場(実施設計)の画像。私には新球場の方が大きいように見えるのですが。

スロープ云々ですが、入り口は三塁側だけではなく、バックネット裏にもあるわけで、スロープを登らなくてもよいのです。つか、どうせ駅やバスセンターからシャトルバスがでるでしょうに。

田辺氏はやたらと倉敷や松山を比較に出すけど、あっちは所詮「年に何回かプロの試合をやることもあるアマ用球場」として設計されたものなわけで、プロ球団が収益を上げることに徹底的にこだわって設計された新球場とはそもそも比較にならないと思う。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。