iPadでWPA2-EAP認証

家の中であちこち持ち歩ける、「カラーでそこそこ解像度の高い」pdf閲覧環境が欲しかったので、iPadを購入。で、うちのばあい、以前書いたように、無線LANをEAP認証のみにしている。だから、何とかして証明書をインストールしなくてはネットワークにつなげないことになる。

で、ぐぐって見たところ、iPhone用連絡先交換サービス(QR Card)& 設定情報等[archive]というサイトにある、iPhone用の解説[archive]を見つけたので、その内容を参考に設定してみた。なお、親機はMacである。

  1. まず、appleのサイトからiPhone Configuration Utility 2.2[archive]をダウンロードしてインストールする。

  2. インストールされたソフトを実行。なお、インストール先は、アプリケーション→ユーティリティ→iPhone構成ユーティリティ

  3. 画面左のリストの「構成ファイル」をクリックして、左上の「新規」アイコンをクリック。

  4. 画面右の、それまで空だったリストに「プロファイル名」という項目が追加されるので、それをクリック。

  5. 「一般」をクリックして、「名前」と「識別子」を適当に入力。

  6. 「資格情報」をクリックして、ルート証明書とクライアント証明書を登録(2018/2/24追記: クライアント証明書だけで大丈夫、というかルート証明書だけでも認証できてしまうのでルート証明書は登録しない方がいい)

  7. 「Wifi」をクリックして、設定。設定項目は以下のとおり。

    • SSID

    • 「セキュリティの種類」: WPA/WPA2エンタープライズ

    • パスワード(証明時作成時のパスワード)

    • 「プロトコル」→「受け入れたEAPの種類」: TLS

    • 「認証」→「固有名証明書」: 「資格情報」で設定したクライアント証明書の名前

  8. 画面左の「〜のiPad」をクリックして、作成した構成プロファイルをインストール

  9. iPadで、「設定」→「Wifi」で無線LANアクセスポイントを指定

  10. ↑で指定したアクセスポイント名の右に有る(>)ボタンをタップして、HTTPプロキシを設定

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。