Galaxy TabでWAP2-EAP認証

iPadは家庭内で使うにはいいPDF閲覧端末だと思う。A4サイズの雑誌や見開きページのあるマンガをそこそこ快適に読もうと思ったら、最低限この大きさが必要だからだ。

でもカバンに放り込んで電車の中で使うにはデカ過ぎる。でもiPhoneやiPodTouchやその他のスマホとかは小さすぎる。自炊した文庫や新書を読めるだけの大きさで、なおかつ持ち歩くのに苦にならない端末。そういうのが欲しい。具体的には面積換算でiPadの半分、つまり7インチクラスの端末だ。

で、セールで新規契約だと30000円以下、というのに釣られてGalaxy Tabを入手した。PDF保管用のファイルサーバにアクセスするにはWifiを使う必要が有るわけだが、うちはWPA2-EAP認証なので、証明書のインストールとかしなければならない。以下、その手順を記録しておく。

まず、microSDカードを用意して、それにクライアント証明書とルート証明書(どちらもPKCS#12形式。拡張子p12)をコピーしておく。(2018/2/24追記: クライアント証明書だけで大丈夫、というかルート証明書だけでも認証できてしまうのでルート証明書は登録しない方がいい)で、設定→位置情報とセキュリティ→証明書のインストールと進んで、証明書をインストールする。インストールする時に証明書のID(16進数の文字の羅列)がでてくるので、先頭の4-5桁だけでもメモっておこう。続いて、設定→無線とネットワーク→Wi-Fi設定と進み、EAP方法(TLS)、証明書、ID、パスワードを入力し、「接続」ボタンをタップ。これで無線LANに参加できた。

これでプロキシの設定をすれば完了なのだが、どうやらrootを有効にしないとプロキシは設定できない模様。うーむ。ま、rootを有効にして余計な穴を空けるのもアレだし、intranet→WiFi、internet→3Gと使い分けるのが正解かね。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。