TOWNSの電池が切れた模様

今朝FM TOWNS Fresh・Eを起動してみた所、EMM386やアイコンデータの読み込みに失敗したとのメッセージが。その他色々なドライバの読み込みに失敗した模様。で、TownsMenuのドライブメニューを見るとなぜかハードディスクの最初のパーティションがCドライブになっている(TOWNSはハードディスクはDドライブから始まる)。

で、ぐぐってみた所、同じような症状にあった方のブログを発見。どうやらバッテリー切れのようだ。結構大変そうだ。週末はまずばらして寸法をチェックして、秋葉原で電池ホルダ買って工作か… ハンダごて握るの久しぶりだがうまくできるか心配。失敗したらTOWNS環境はうんづのみになるのか…

過去ログを見ると、今年の1/16にはまだ動作してた模様。ここ一ヶ月半の間に電池が切れたのかね。

(3/6追記)

電池をなんとか入れ替えることができたようだ。元々TOWNSについていた電池はCR2450のようで(型番が端子板に被われていて見えないが、大きさからして2450)、今回差し替えたCR2032は半分以下の容量。2450で15年持ったということは、2032なら6年ほどでまた電池を入れ替える必要があることになる。上記のリンク先を見れば分かるように、TOWNSの分解は一仕事。

と、いうことで、電池ケースを作った(ちっちゃい基板に電池ホルダをハンダ付けして、リード線を延ばした奴をケースに入れただけ)上で、TOWNSのマザーボードからリード線を引っ張って電池ケースにつなげることにした。電池ケースはハードディスクの隣にうまく収まってくれた。

今のところ、新しい電池はちゃんと仕事をしているようだ。(まだ安心はできないが)うまくいってよかった。

なお、バッテリー交換後の手順については、とらりぼん国の記事が大いに参考になった。多謝。具体的な手順を以下に引用します。

●電池交換時に最低限やるべき事

  • T-OSを起動したらDOSモードに入ってQ:\T_FILE\SETCRASH.EXEを実行してCMOSクリアする

  • 時計を合わせる

  • 起動ドライブ

  • ドライブ構成

  • DOS6.2のSETUP2.EXEを実行してメモリ領域の設定

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。