これまで作った自作機を振り返ってみる

そういやPCの自作始めてもう16年になるんだなぁ…と。基本DOSゲーマーだからハイ(or廃)スペックなPCは作ってないんだけど、この機会に振り返ってみる。

一台目(1998初頭)

AOpenのベアボーンキット。マザーボードはAX5TというSocket7のATXマザー。SIMMとDIMMを両方使えるとかいう変わったマザーボードだった。拡張スロットはPCI3、ISA3、PCI/ISA兼用1という構成。CPUはMMX200MHz、ビデオカードはS3 ViRGE(PCI)、サウンドカードはCreative AWE64 Gold。サウンドカード以外は今は亡きソフマップメガストア広島で購入(サウンドカードはデオデオComCity)。当時は岩国に住んでいて、荷物が重かったから紙屋町のそごう前でタクシー拾って広島駅まで運んだのも今となってはいい思い出。

OSはWindows95。三台目を組んだ後に実家で家族用のPCとしてしばらく使用。

二台目(2000初頭頃)

一台目のリプレース。ケースは一台目のものを流用し、マザーボードをABITのVA6(Slot1のATXマザー)、CPUをCeleron300MHzにしたもの。OSはWindows98SE、WindowsNT4.0、TurboLinux6のトリプルブート。DOSマシンとしての機能はFMV TOWNSが担うことになったのでサウンドカードはSoundBlaster PCIに変更。Windowsマシンとしてはそれなりだったが、Linuxマシンとしては(当時はXFree86 3.3.6が主流でパフォーマンスが低かった)いまいち。後にCeleron700MHzに変更したけどLinuxではあまり効果無し。

三台目(2001年末)

二台目のリプレース。マザーボードはAOpen AK77Pro(Socket462のATXマザー)。OSはWindowsXP HomeとFreeBSD(4-Release)のデュアルブート。CPUはAthlonXP 1600+(Palomino)。この頃はXのバージョンも上がり、特殊なこと以外はFreeBSDでもこなせるようになった。

ケースはAOpenのH600Aという5インチベイx4の比較的大型のミドルケース。この頃まで「一台の大型、多機能のPCで何でもできるようにする」という考えだったが、次に自作したPCから「複数の小型機に機能を分散する」に変わった。そのため、このケースは六台目を組んだ後はしばらく押入れに入れっぱなしだったが、2011年に復帰。

四台目(2002)

サーバ。マザーボードは初代EPIA(VIA C3 533MHz相当のCPU付きマザー。Mini-ITX)。内蔵のNICがVIA RhineIIというアレな奴で、ファイル転送中に固まるとかいう代物だった。NICはIntel EtherExpressなものに変更して事なきを得た。

その後、FreeBSD 6.0-Releaseが動かないことが分かったため2005年末にサーバ引退。マザーボードはしばらく押入れの中で眠っていたが、七台目のケースと組み合わせてWindows98SEマシンとして復活、いまも一応現役。

五台目(2002頃)

三台目をWindows専用にしてFreeBSD専用機を新しく組んだ。この頃から小型機指向になる。マザーボードはMSI K7N2GM-L(microATX)。CPUは三台目と同じAthlonXP(Thoroughbred)。すぐに故障した。

六台目(2004年初頭)

五台目のマザーボード故障に伴うリプレース。マザーボードをGIGABYTEのGA-7VM400M(microATX)に入れ替えただけ。五台目・六台目のケースは2007年頃中身を入れ替えた後実家行き。てか実家のメインPCって2007年までWindows95だったっけ。さすがにWindows98SEあたりになってたかなぁ。それとも実家にあげたの二台目だっけ。でも実家から一台目のマザーボードを回収した記憶があるんだよなぁ。

いや違う。XP Pro(アップグレード版)を実家用に購入した記憶がある。三台目を組んだ後すぐに実家に一台目を送って、その後しばらくしてどっかのタイミングでマザーボード交換+XP導入か。

七台目(2005年末)

四台目の後継サーバ。マザーボードはVIA EPIA M10000(CPU付きのMini-ITXマザー)。ケースはたぶんMorexの2799 P4。その後、サーバ入れ替えに伴いマザーボードはよそにもらわれて行った。

八台目(2006年頃)

三台目のリプレース。この頃フルHDの液晶テレビに買い換えて「Windowsゲーム(というかTOWNSエミュ)をテレビでやろう」というコンセプトで作成。CPUはやっぱりAthlonXP(たしかBarton)。マザーボードが何だったのかはよく覚えていないけどmicroATX。OSはDSP版のWindows XP pro。しばらく使った後、実家行き。

九台目(2008年頃)

八台目のリプレース(テレビにはつながない)。ShuttleのXPC SN68SG2ベアボーン。CPUはAthlon64 X2 5000+。当初はXP HomeとVista Businessのデュアルブートだったが、その後Vistaのみに変更。現役。

十台目(2009年)

七台目(FreeBSDサーバ)のリプレース。マザーボードはATOM付きのIntel D945GCLF2(Mini-ITX)。ケースもやや大型のものに変更。現役(でも今年中にはリプレースしたい)。

十一台目(2011年)

六台目以降、メイン作業機はノートPCにしていたのだが、ちゃんとしたキーボードが使いたいということで組むことに。当時のブログに書いてあるように、マザーボードがASRockの880GM-LE(microATX)、CPUがAthlon II X2 240e、ケースは三台目で使っていたAOpenのH600Aが(電源入れ替えの上)復帰(なんでフルサイズATX用のミドルタワーケースにmicroATXのマザーボードを入れるという無駄な構成に)。OSはFreeBSD(後にXubuntu12.04)とWindowsXP Proのデュアルブート。

十二台目(2012年)

七台目の後継サーバ1(予定)。主に外向けサーバ用として。Jetway NF9C-2600という超低消費電力のCPU付きマザーボード(Mini-ITX)。ドライブはSSDのみという最軽量構成。OSはFreeBSD。

十三台目(2012年)

七台目の後継サーバ2(予定)。主に内部サーバ用として。マザーボードはECS CDC-MというAtomD2700付きのもの。こっちはデータバックアップ用にHDD2台構成(一台はリムーバルケース入り)。OSはFreeBSD。Mini-ITXかと思ったら拡張スロットが2つあって一緒に買ったMini-ITXケースに入らなかった。十台目のケースには収まるのでケース交換となった。MiniDTXとかいう規格のマザーボードらしい。

十四台目(2012年)

十一台目のマザーボードが故障したので入れ替え。マザーボードはM4A89GTD PRO/USB3。発売日が2010年3月ということで型落ちもいいところだが、安かったので。三台目以降実に11年振りのフルサイズATXマザー。十五台目投入に伴いWondows8マシンに変更。動画編集とかで性能が足りないならCPUをPhenom IIあたりに替えたほうがいいかな。

十五台目(2014年)

十四台目をWindows専用にするため、Xubuntu専用機として作成。マザーボードはMSIのB85I(Mini-ITX)、CPUはIntel Pentium G3430。Xubuntu専用なんで光学ドライブ無し。ケースも株式会社サイズのMONOBOX ITX2S[archive]という外部ベイ無しのものをチョイス。

…しかし15台も組んでたのか。年1ペースじゃないか。ちなみにマザーボードのフォームファクタの分布は、

  • フルサイズATX: 4枚

  • microATX: 4枚

  • Mini-ITX: 5枚

  • Mini DTX: 1枚

  • 独自規格: 1枚

とばらけていたり。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。