MacOSXから古いMacで使えるCD-Rを作ってみる

古いPCを使う上で難点となるのが補修用パーツの確保。特にHDDはSCSIはもちろんのこと、PATAも(古いOSに適した)小容量品の新品を確保することは困難である。

幸いにして、コンパクトフラッシュディスクはまだ余裕で入手可能なので、いつHDDが壊れてもいいように、コンパクトフラッシュ+CF-PATA変換アダプタを今のうちに入手しておくべきだろう。PCの内蔵ディスクアダプタがSATAに置き換わったので、変換アダプタの入手は今後少しずつ難しくなるだろう。(SCSIについても、HDDをコンパクトフラッシュに置き換えるためのアダプタがある)

てことで、さしあたってHDD容量が230MBと小さいMacintosh LC630についてコンパクトフラッシュ化を試みた次第。

CFへの差し替えについては特に問題なく、MacOS 7.6のインストーラが初期化をやってくれた。問題はその後。どうやらOS7.6.1アップデータをはじめとするソフトがAppleのサイトからダウンロードできなくなってしまったようだ。まあ前回LC630の設定をやった時にダウンロードしておいたから最悪の状態は免れた。しかし、アップデータ等をなんとかしてLC630に持っていく必要がある。

ダウンロードしたソフトはMacBookProから参照できるので、MacBookProでCDRを焼けばいいかな、と思っていた。だが、今使っているOS(OSX 10.9 Marvericks)は古いMacのファイルシステムであるHFS(ちなみに現行のファイルシステムであるHFS+はMac OS 8.1以降から対応)のディスクを標準では焼けないようだ。ファインダからディスクを作るとHFS+になってしまい、Mac OS 7.6では読むことができない。ISO-9660形式なら大丈夫だけど(最初は使えないと思っていた。「Internetスターターキット」を入れてStuffit Expanderをインストールしなきゃだめなんだ)、文字が全部大文字になってちょっとかっこわるい。

てことで、調べてみたところ、 mkisofs を使えばOKということがわかった。具体的には、

  1. cdrtoolsのソースをダウンロード

  2. ソースをtarで解凍してmake(開発環境のインストールが要求される)して、sudo make install(最近はconfigureしなくてもいいんだ)。実行ファイル群は /opt/schily/bin にインストールされる。

  3. ターミナルを起動して、 /opt/schily/bin/mkisofs -hfs -o isoファイル名 CDRに焼くファイルのあるフォルダ を実行

  4. ディスクユーティリティーで作成したisoファイルをCDに焼く

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。