「なぜ“デスクトップLinux”は普及しなかったのか?」について記憶を辿ってみる(2)--2005年頃

前回のエントリを要約すると「2000年頃は脱Windowsの機運が高まったが、Linuxも含め対抗馬となるべき存在はいずれも力不足で、結局Windowsが使われた」ということになる。これが2005年頃になると多少は変わってきた

「使える」デスクトップ向けLinuxの登場

2005年頃には、CUPSの登場による印刷環境導入の平易化や各種ドライバの供給が進んだことにより、大抵のPCであれば問題なくLinuxが動作するようになった(最新のゲーマー仕様ビデオカードや無線LAN等を除けば)。フォントについてもIPAフォントの登場によりビジネスや日常作業で使う明朝体・ゴシック体については不便はなくなった。また、2004年に登場したUbuntuの登場も大きい。

Ubuntuは、Debianのコードネーム"Sid"と呼ばれる不安定バージョン(Debianの各リリースのコードネームは映画トイ・ストーリーの登場人物からとられており、不安定バージョンは常にSid)をベースとするディストリビューション。豊富なパッケージ群、そしてその豊富なパッケージ群を一括管理できるaptというDebian由来の強みに加え、最新のデスクトップアプリケーションと平易なインストーラという特徴を持つ。ようやくWindowsユーザが使えるLinuxディストリビューションが出た、といっても過言ではないだろう。

Ubuntuに続き、Fedora Core(デスクトップ向けディストリビューションとしてのRed Hat Linuxの後継でFedoraの前身)やKnoppix等のデスクトップ向けLinuxディストリビューションがいくつも登場したのもこの時期である。

UNIX環境の必要性の増大

ブロードバンドインターネットの普及により、Webサーバやそのバックエンドとなる各種サーバの数も飛躍的に増加した。その大半がPCアーキテクチャのLinuxやFreeBSDサーバであった。Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のような商用ディストリビューションのみならず、フリーのCentOS(コミュニティベースで開発されているRHELクローン)も登場し広く採用されるようになった。

必然的にこれらサーバ上で動作するWebアプリケーションの開発やサーバの運用の為、「Linuxと相性のいい」端末の必要性も高まっていったのではないだろうか。

結局Macにさらわれた

とはいえ、やはりまだMicrosoft Office等の商用アプリケーションも無いと不便ではありLinuxデスクトップだけでは…というのが実際のところだろう(複数台持てる環境にあるなら別だろうが)。デュアルブートも使い勝手がいいとはいえないし。

で、Mac。出た当初のOSXは商用ソフトがあるというメリットを差し引いても今ひとつで(実際2004年にiBookを買って使ってみた感想)正直騒いでいるのは元々のMacユーザだけ、という印象だった(OSXがらみだと海上忍氏の「OS X ハッキング!」くらいかな、UNIX的な部分をしっかりおさえてたのは)。しかし2007年に登場した10.5 LeopardあたりからUNIX userフレンドリーになってきたように思える(仮想デスクトップとかTime Machine対応で1メッセージ1ファイルになったMail.appとか。文字エンコーディングがコマンドプロンプトだとUTF-8なのにGUIだとシフトJISだったりとまだ不完全ではあったが)。

MacならOfficeも使えるしOSもインストール済み、もちろんターミナルエミュレータもシェルも標準装備。あとまだ当時は弱かった無線LAN関係や電源管理もばっちりということでITエンジニアが持つノートPCがことごとくMacになったのもまあ当然の流れ、ではある。

コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。