Blog ページ3/8

【失望】NHKBS あなたが選ぶスポーツ名場面100選【した】

何で神戸製鋼vs三洋電機のイアン・ウィリアムスの激走がはいっていないのか。

日本スポーツ史上に残る名場面だと思うんだが。

あと、平野光泰のバックホームも捨てがたい。

(2/26追記)

リンク忘れてました。つまり、 100選[archive] の中に上記の項目が全然入っていないことに失望したのです。


かつての市民球場

2chプロ野球板の ■■■球場について語るスレPART31■■■ のレス831に二階席が出来る前の市民球場の画像があったので転載。

画像1 , 画像2

(続きあり)


シュールの後継者が決まりました

広島・コズロースキー“左のライアンだ” 入団会見[archive] (スポニチ)

新外国人左腕、コズロースキーが入団会見。背番号34に「ノーラン・ライアンがつけていた番号だ。とても喜んでいるよ」と意欲を燃やした。大投手には縁もあり、02年レンジャーズ傘下のマイナーで活躍し「ノーラン・ライアン最優秀投手賞」を受賞している。27歳ながらマイナーを含め13チームを渡り歩いた苦労人。「必要とされる場所で投げたいが、希望は先発」と、先発争い参戦に意欲を見せた。

長年マイナー経験があり、なおかつトレードの多い選手はあちこちに顔が効くので何気に渉外スカウト適正があると思うのですよ。

(続きあり)


新井の人的補償が今日決定

広島の補強ポイントは「投手、できれば左腕」なんで桟原か橋本健あたりで落ち着くとは思うが。

野口が洩れていたらとりにいくべきだと思う。捕手はもういらない? いや、ここで石原トレードで若手投手獲得ですよ。それに、野口が抜けた場合、矢野が出られなくなったらいきなり狩野正捕手ですよ。野口獲得って結構ダメージが大きい。

ま、だから普通はプロテクトされるとは思いますがね。


今期5球場目

てなわけで、西武球場改め西武ドーム改めインボイス西武ドーム改めグッドウィルドームに行ってきました。この球場、行くの初めてでした。ついでに今期関東での初観戦です、関東在住なのに。まあ、来週は東京ドーム(都市対抗)を観に行く予定だが。

私は南武線沿線住民なので、府中本町→新秋津(徒歩)秋津→西武球場前、という道のりでした。

以下、球場について気づいたこと。

(続きあり)


ナゴド→西京極→スカイマーク

と、いうわけで、木曜から金曜にかけて上記のような観戦ツアーを組んだ訳です。いずれ檻が大阪ドームメインになるということで、神戸の試合が激減するまえに早めに行っておきたかったのと、ナゴヤドームはまだ一度もいったことが無かったので。

(続きあり)


交流戦終了

いやあ、景気良く負けましたな。

今回のていたらくは完全にフロント編成部門の失態でしょう。早急な改善を求めます。

(続きあり)


交流戦@仙台

てことで、仙台に来ています。なんつーか、一塁側で見たのすごく久しぶりな気が(神宮、横浜、東京ドームはもとより、市民球場でも私は3塁側でみているため)。

たまたま隣の席に座っていた方が楽天の一番ショートの渡辺直人選手のお父様だったため、いろいろとお話を聞かせていただきました

(続きあり)


アスリート六月号

明日発売予定のアスリートマガジンの2007年6月号の目次が公開されました。

とりあえず、田辺一球氏のコラムである(と思われる)「Save My Carp」と「風を詠む」は掲載されている模様。

土曜にでもアスリート買って読んでみます。


今日の感想(C-D戦)

勝ててよかった。


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。