Blog ページ5/8

YB-C 九回戦

風呂掃除も一段落し、時間にも余裕があったのでハマスタまで観戦してきました。連休中ということも在り、ハマスタ内野席一塁側のチケット販売所は長蛇、長蛇の列。三塁側はそれほどでもなかったけど。

(続きあり)


航空機な選手

ボブさんのブログ[archive]でネタが振られていたので便乗。

(続きあり)


5月4日神宮 スワローズ-カープ

神宮に観戦に行きました。席は二階席の前の方。ピッチャーの球筋が見やすい席だったけど、フライの行方が一目ではわからないのが難点。私的にはもう少し高い位置のほうがいいな・・・

試合のポイントはこんな感じ。

(続きあり)


西宮球場のよさについて

広島新球場関連でいろいろと他の球場を調べているのだが、改めて実感できるのが西宮球場(プロ野球倶楽部さんの西宮球場のパンフレットより)の出来のよさ。スタンド上の出入口が下にあって邪魔かも、という部分はあるものの、座席の配置が絶妙。二階席もちゃんと設計しているし。グランドも、センターは119メートルとやや狭いものの、ラッキーゾーンを取れば両翼は99.1メートルで合格点。開業当初は内外野天然芝だったし。

(続きあり)


野球中継二題

今日はデーゲームでオリックス対日ハム(JSPORTS ESPN)、ナイターで中日対広島(JSPORT2)をTV観戦。スカパーって素晴らしい。

(続きあり)


シャレオ問題2

あらま、中村社長辞任ですか[archive]。 まあ、支援を受ける以上は止めないとカッコがつかんだろうし。

さて、前回の続き。

次は新宿地下街について。

(続きあり)


シャレオ問題

第3セクターの広島紙屋町地下街シャレオが債務超過に陥り、広島市が173億円の支援を決定した (http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000601270003 リンク切れ)。この点に付いて、中村社長の責任を問う声も多い。

だがちょっと待て。そもそもシャレオは構造的に採算が取れる代物なのか? 通常の経営で採算がとれるにもかかわらず、経営陣が決定的なミスを犯した結果の赤字垂れ流しならば、どうみても社長の経営責任だ。だが、そもそも採算のとりようの無い事業であったのならば、シャレオを推進した市当局と、議会における決定プロセスに問題があった、ということになる。

(続きあり)


北別府カープ

トミーリーさんのcarp-40s-club(確か8年ほど前に西宮だったか倉敷だったかで2〜3回ほどお会いしたことがあるはず・・・)よりのネタ。

■北別府カーブ(デイリー[archive]

昨年までは人さし指だけを引っ掛けてきた。小林投手コーチのアドバイスで、今季からは中指も加えて改良。「カーブを課題にしてきました。カウントを楽に取れるようにしたかった」と目的を説明した。

どうでもいいけど「北別府CARP」に見えたよ(笑) 新しいクラブチームかと。

(続きあり)


訃報:「瞬間湯沸かし器」藤田元司氏

仰木氏、近藤氏に続き、この方までも・・・ここ数年体調を崩しているとは聞いていましたが・・・

(続きあり)


ロッテ26スタジアム

ソースはマリーンズ系有名サイトのマリンブルーの風さんのところ。一次ソースはスポーツ報知[archive]

命名権の外部売却に関し、ロッテと千葉市は長期契約を望み、希望額は5年15億円は下らないとみられている。

関係者の話を総合すると、ロッテが命名権を買い取る場合の条件は、1年10億円という。球団は年間29億円の赤字を抱えるため、命名権の買収費用は本社が負担するようだ。

こーいう形でネーミングライツの世界記録更新をしてしまうのもなんだかなー。(ちなみに現時点での世界最高額は多分NFL ニューイングランドペイトリオッツの本拠地、ジレットスタジアムの年間800万ドル)。

年間2億くらいが妥当な線だと思うがな。4年8億位の短期契約でとりあえず契約しておいて、適当な所で値上げすればいい訳だし。


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。