misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > ATARI系列(Vcc:pin7, GND:pin8) > ATARI ST(1985)

ATARI ST(1985)

ハードウェア概要

コモドール社のAMIGAと共に80年代後半から90年代初頭を代表する16ビットホビーパソコン。AMIGAと同様モトローラMC68000 MPU1を使用している。特筆すべき点はすべてのモデルにMIDIを実装していたことであり、80年代後半から90年代前半における代表的なDTMマシンであった。特に日本国内ではもっぱらDTM用途に販売されており、「楽器店で買えるパソコン」として知られていた。

1983年にアタリはいわゆるアタリ・ショックによって経営危機に陥った。同時期にコモドールは内紛により創始者のジャック・トラミエルがエンジニアたちとともに離れ、最終的にはアタリを買収する。結果生まれたのがこのATARI STである。

1

Micro Processing Unitの略。マイクロチップに実装したプロセッサのことで、現代ではCPUと同義といってよい。インテルがCPUという語を使うのに対してモトローラはドキュメント等でこの語を使用していた。その流れで、6809や680x0のことをCPUと呼ぶとしばしばモトローラ(のMPUを使ったパソコンの)ファンに突っ込まれる。

コントローラ端子の特徴

以下の説明はChibiAlumasの68000 Assembly programming for the Atari STに基づく。本機はアタリ仕様のコントローラ端子を2つもっており2、ピンアウトは以下の通りである。

2

マイナーバージョンアップ版のATARI STEには、これに加えDサブDE-15端子(VGAモニタ端子と同じ)のジョイスティックポートを2つ持っている。

pin#

Controller 0

Controller 1

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

NC

6

Digital in

7

VCC

8

GND

9

Digital in (Same as pin6 of controller 1)

NC

ハードウェア実装

コントローラ端子はキーボードコントローラであるHD63013を使って実装されている。6301を直接操作してコントローラ端子を読み出すことはできず、BIOSコールで読み出す必要がある。

3

モトローラの8ビットMPUである6800にI/O周りの周辺回路を内蔵させたMC6801の互換製品。

制御方法

各ピンの読出し方法は以下の手順で行う。

  1. スタックに$0014, $0004, $0003を保存する。

  2. trap #13を実行

  3. スタックポインタを1.の開始前に戻す

  4. スタックに$0034を保存する

  5. trap #14を実行

  6. スタックポインタを5.の開始前に戻す

  7. レジスタd0で指定されるアドレスから1バイト先のアドレスにコントローラ端子0の入力値が、2バイト先のアドレスにコントローラ端子1の入力値が保存される。

データの内容は、ビット0~3がピン1~4に、ビット7がピン6に対応している。各ビットは1の時にピンはH、0の時にピンはLである。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。