FM TOWNS > Townsオーナー紳士録

Townsオーナー紳士録

音楽・芸能界

谷山 浩子

谷山 浩子さんは、PCの経験は「初代PC-8001以来」という業界きってのマニアとして知られています。また、Oh!FM→Oh!FM TOWNS誌にもエッセイ「谷山浩子の気絶すんぜん☆なのらー」を10年近く(117回)に渡って連載しており、FMユーザにとってはなじみ深い方です。このエッセイ中で「(初代)INVITATIONをプレイした」と書かれていることから少なくとも初代TOWNSを所有していたことは間違いないでしょう。

サンプラザ中野 & パッパラー河合

ログイン誌に、とある音楽プロデューサ氏(名前失念)のインタビューが掲載されたのですが、その中で両氏がTOWNSユーザであることが判明。何でも「音楽と言えばマックだけど、マックは英語でいやだから」という理由でTOWNSにしたとのこと。


漫画界

矢野 健太郎

Oh!FM TOWNS誌に「TOWNS偏愛日記」を連載していました。TOWNS II HC53Mユーザであることからもわかるように、かなりディープなTOWNSユーザです。代表作はヤングジャンプに連載されていた「ネコじゃないモン!」なのかな? 個人的には中学生の時にドキドキしながら立ち読みしていた「From C」なのですが^^;

江川 達也

1989年の週刊少年ジャンプの奥付に「ナンノちゃん1の宣伝しているタウンズを買った」とのコメントあり。つまり初代TOWNS所有。公式ホームページ[archive]は2013年頃になくなってしまったようです。見出しのリンクはタレント事務所の人物紹介です。

1

当時アイドルだった女優・南野陽子の愛称。

弓月 光

ログイン誌の忘年会企画にてTOWNSを使っていたとのコメント。おそらくZak MacKrackenの仕事をしたときにオマケでもらったものかと。ただし、弓月氏はWizなどのクラシックRPGファンであるので、あまり使わなかったようですが。

七月 鏡一[archive]

代表作は「ジーザス(週刊少年サンデー)」「闇のイージス(週刊ヤングサンデー)」原作、「ARMS(週刊少年サンデー)」原案協力。たぶんこの業界では矢野健太郎氏の次にアクティブなTOWNSユーザだった人。フリコレ2 11で富士通ハビタット3の住人であることを表明していました。

2

富士通がかつて年2回ペースで発行していたCDROM、フリーソフトウェアコレクションのこと。1〜11まである。プログラムや画像データなど、パソコン通信をやっていなかった頃のTownsユーザにとっては必携というべき存在だった。

3

パソコン通信を使った仮想生活ソフト、とでも言うべきものかな? 元々ルーカスアーツがSCUMMシステムベースで開発(Commodore64用)していたもの。その後ライセンスを富士通が取得し、TOWNSの目玉サービスとして始めた。当初はTOWNS版のみだったが、のちにFMR版、98版とMac版が登場。詳細は後継サービスの富士通ビジュアルチャット[archive]のサイトを参照のこと。


その他

桃井 はるこ

PC業界の人なのでちょっとアレですが。MacPeople別冊(1999年、5色のiMac特集号)にて縦型のTOWNSを持っていたことを暴露。

カーツさとう

ライター。94年頃DIMEだか日経トレンディだかに掲載されたFM TOWNS II Freshの広告企画を執筆。当時は「あくまでも広告なので実際に使っているわけではない」と思っていたが、その後、親指シフターであることが判明。と、いうわけでTOWNSユーザ認定します、勝手に(笑)


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。