misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > コントローラ側の仕様 > Commodore 1350/1351 Mouse

Commodore 1350/1351 Mouse

主にコモドール64用として利用されたコモドール純正マウス。読み取り方法の異なる1350と1351の2タイプがある。ただし後者は前者の動作モードに切り替えることも可能。1351マウスのマニュアルによれば、ピンアウトは以下の通り。

pin#

Joystick Mode (1350/1351)

Proportional Mode (1351 Only)

1

UP

RIGHT BUTTON

2

DOWN

NC

3

LEFT

NC

4

RIGHT

NC

5

NC

Y POSITION

6

LEFT BUTTON

7

VCC

8

GND

9

RIGHT BUTTON

X POSITION

ジョイスティックモードはその名の通りマウスをジョイスティックと同様ピン1~4で方向のみの検出とする(移動量までは検出できない)モードである。1351マウスでは右ボタンをクリックしながら起動(通電)するとこのモードとなる。右ボタンはアナログ値であり、コモドール64であればボタンが押されている時にアドレス$D419で読み出した検出値は$80未満になる。

プロポーショナルモードは座標値をアナログ値で出力するものである。より具体的には、$D419(X座標)、$D41A(Y座標)のビット1~6の6ビット値が、座標を64で割った剰余となる。座標値は512マイクロ秒ごとに更新される。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。