misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > その他系列 > Coleco ColecoVision(1982)

Coleco ColecoVision(1982)

ハードウェア概要

コレコビジョンはZ80をCPUとして採用した据置ゲーム機である。機体前面に拡張コネクタがありそこに"Atari Converter(Expansion Module #1)"というユニットを接続することでATARI 2600のソフトを実行することも可能である。ColecoVisionの資料はColecoVision.dkに非常によくまとめられており、この記事もそこを参考にしている。

コントローラ端子の特徴

本機はアタリ仕様のコントローラ端子を2つ備えている。本機のコントローラ端子の特徴はコモン端子を2つ有していることである。つまり、ピン8の他に、ピン5もコモン端子として使用可能である。具体的にはピン5がH、ピン8がLの場合は他のアタリ仕様端子と同様ピン8がコモン端子となり、ピン5がL、ピン8がHの場合はピン5がコモン端子となる。原則として信号入力ピン(1〜4、6、7、9)は全てプルアップされている。

本機に同梱されるハンドコントローラもこの仕様を活用し、8方向のスティック、2ボタンのトリガに加え、12キーのキーパッドのある非常に高機能なものとなっている。また、ピン7と9はローラーコントローラステアリング用の端子となっている(ロータリーエンコーダのためのデジタル入力)。ピンアサインは以下の通り。

pin#

Function

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

VCC/GND

6

Digital in

7

Digital in

8

GND/VCC

9

Digital in

読み取り方法

Coleco Vision Cart Infoコレコビジョンの図面によれば、コントローラ関係のI/Oポートは以下の通り。

port#

Bit7

Bit6

Bit5

Bit4

Bit3

Bit2

Bit1

Bit0

80(W)

Set Keypad mode(pin5=GND, pin8=VCC)

C0(W)

Set Joystick mode(pin5=VCC, pin8=GND)

FC(R)

Read Controller #1

pin9

pin6

pin7

NC

pin3

pin2

pin4

pin1

FF(R)

Read Controller #2

pin9

pin6

pin7

NC

pin3

pin2

pin4

pin1

Colecovision Programmer's Manualによれば、コントローラの読み取りを行うためのBIOSコールが本体ROMに用意されている。レジスタHで読み取るコントローラ端子を、レジスタLでスティックとキーパッドのどちらを読み取るのかを指定してDECODERというBIOSコールを実行すると、レジスタHにボタン、レジスタLにスティックの方向又はキーパッドの値、レジスタEにホイール又はローラのカウント値が保存されるという仕組みのようだ。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。