misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > コントローラ側の仕様 > ColecoVision Roller Controller

ColecoVision Roller Controller

ミサイルコマンド等でおなじみのトラックボールコントローラ。外観はColecoVision.dk等にあるように、1トラックボール4ボタンのコントローラである。2つのジョイスティック端子を使い、トラックボールはコントローラ1、2共通で、4つのボタンのうち左2つがコントローラ1用、右2つがコントローラ2用となっている。また、標準のコントローラをこのローラコントローラに接続できるようになっている。

コレコビジョンのコントローラは、はVCC/GNDをピン5と8との間で切り替えることによってキーパッド付コントローラを実現している。そのため、トラックボールのロータリーエンコーダや各種回路を駆動するために別途電源を必要とする。ローラコントローラの電源ケーブルは、コレコビジョン本体の電源コネクタとACアダプタの間に取り付ける分岐ケーブルとなっている。

コントローラには「ジョイスティックモード」と「ローラモード」を切り替えるためのスイッチが設けられている。ジョイスティックモードでは、トラックボールを回した方向のみを検出するものである。一方、ローラモードではトラックボールの回転を検出するロータリーエンコーダの出力をそのままピン7、9に出力するもので、ボールを転がす速度も検出可能となる。

AtariAge Forumsに記載の図面から判断する限りではローラモードのピンアウトは以下の通り(ジョイスティックモードは標準コントローラと同じであるため省略)。ローラの挙動については、おそらくSuper Action Controllerのホイールと同じ挙動(ローラの上下方向については左→上、右→下に読み替え)と同じだろうとは思うが確証はない。

pin#

Joystick 1

Joystick 2

1

NC

NC

2

NC

NC

3

NC

NC

4

NC

NC

5

VCC

GND

VCC

GND

6

Fire Button

Arm Button

Fire Button

Arm Button

7

Rotary Encoder (Left-Right)

NC

Rotary Encoder (Front-Rear)

NC

8

GND

VCC

GND

VCC

9

Rotary Encoder (Left-Right)

NC

Rotary Encoder (Front-Rear)

NC


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。