misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > その他系列 > エプソン QC-11/QX-11(1985)

エプソン QC-11/QX-11(1985)

ハードウェア概要

1985年にセイコーエプソンから発売されたコンパクトサイズ(幅32cm、奥行31cm、高さ8cm)の16ビットパソコン。CPUはインテルの8088でMS-DOS2.1をROMで内蔵していることも特徴。日本ではQC-11、海外ではQX-11という名前で販売された。

コントローラ端子の特徴

本機はコントローラ端子を2つもっている。入手した実機を調べた限りではピンアウトは以下の通りである。なお、ピン1〜4、6はプルアップされていた。

pin#

Function

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

NC

6

Digital in

7

NC

8

GND

9

NC


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。