misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > セガ系列(Vcc:pin5, GND:pin8) > セガ SG-1000/SC-3000/Mark III/Master System(1983)

セガ SG-1000/SC-3000/Mark III/Master System(1983)

ハードウェア概要

SG-1000は1983年に発売されたゲーム機である。同時に発売されたSC-3000はキーボード内蔵型のパソコンであり、ソフト的には両者は等価である。SG-1000にはマイナーチェンジ版のSG-1000IIがある。

Mark IIIはSG-1000の性能・機能向上版であり、マスターシステムはMark IIIのさらなる強化版である。

コントローラ端子の特徴

(初代)SG-1000はコントローラ端子を1つ1、それ以外は2つ内蔵している。以下の説明はEnri's Home PAGEの記載に基づくものである。ピンアウトは以下の通り。

1

無印SG-1000はコントローラ1が本体直付けとなっている。ただし、エクステンション ケーブルキットを使うことでコネクタ式に変更することも可能。SG-1000IIはコントローラ1もコネクタ式に改められた。

pin#

SG-1000 / SC-3000

Mark III

Master System

(Japan)

(Except Japan)

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

NC

VCC

6

Digital in

7

GND

Digital out

Digital in / Digital out

8

GND

9

Digital in

Digital in / Digital out

制御方法

コントローラ端子の読み書きは以下のI/Oアドレスを使用する。

ADDRESS

BIT

Function

$03F(W)

0

Controller 1 pin9 I/O Select(1:IN, 0:OUT)

1

Controller 1 pin7 I/O Select(1:IN, 0:OUT)

2

Controller 2 pin9 I/O Select(1:IN, 0:OUT)

3

Controller 2 pin7 I/O Select(1:IN, 0:OUT)

4

Controller 1 pin9 Output(1:H, 0:L)

5

Controller 1 pin7 Output(1:H, 0:L)

6

Controller 2 pin9 Output(1:H, 0:L)

7

Controller 2 pin7 Output(1:H, 0:L)

$0DC(R)

0

Controller 1 pin1 Input(1:H, 0:L)

1

Controller 1 pin2 Input(1:H, 0:L)

2

Controller 1 pin3 Input(1:H, 0:L)

3

Controller 1 pin4 Input(1:H, 0:L)

4

Controller 1 pin6 Input(1:H, 0:L)

5

Controller 1 pin9 Input(1:H, 0:L)

6

Controller 2 pin1 Input(1:H, 0:L)

7

Controller 2 pin2 Input(1:H, 0:L)

$0DD(R)

0

Controller 2 pin3 Input(1:H, 0:L)

1

Controller 2 pin4 Input(1:H, 0:L)

2

Controller 2 pin6 Input(1:H, 0:L)

3

Controller 2 pin9 Input(1:H, 0:L)

6

Controller 1 pin7 Input(1:H, 0:L)

7

Controller 2 pin7 Input(1:H, 0:L)

$03Fはマスターシステムのみ、$0DDのビット6、7は海外版マスターシステムのみ。国内版のマスターシステムでは$0DDのビット4〜7は$03Fのビット0〜3で設定した内容が記憶されている。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。