misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > アタリ仕様ではないもの > トミー ぴゅう太(1982)

トミー ぴゅう太(1982)

ハードウェア概要

1982年にトミー(現・タカラトミー)より発売されたホビーパソコン。Enri's Homepageの記事によれば、CPUはTMS995という16ビットCPUである。大きな特徴として日本語BASICというのがあり、BASICの命令や関数が全てカタカナに置き換えられている。海外ではTOMY Tutorという名前で(もちろんBASICは普通のものに差し替え)販売された。

コントローラ端子の特徴

本機はアタリ仕様と同形状のコントローラ端子を1つもっているが、仕様は全く異なる。Floodgap Systems' websiteに載っている資料によれば、ピンアウトは以下の通り。

pin#

Function

1

Common 1

2

Common 2

3

Digital in (Button SL)

4

Digital in (Button SR)

5

Digital in (DOWN)

6

Digital in (LEFT)

7

Digital in (UP)

8

Digital in (RIGHT)

9

NC

ぴゅう太はCPCTI-99と同様、コモン端子が2つあり、1端子でコントローラを2つ接続できるようになっている。ピン1とピン2とは一方がLの時必ず他方がHとなるよう制御されている。

ハードウェア実装

回路図等詳細は上記Enri's Homepageに記載されているのでそちらを参照のこと。TMS9995のマニュアルによれば、このCPUはCRU(Communication Register Unit)というシリアル端子を内蔵しており、最大15ビットすなわち32768系統のシリアル信号を扱うことができる。コントローラ端子のピン3〜8にはそれぞれ別系統のCRUアドレスが割り当てられる。

CRUは専用の命令(LDCR、STCR、SBO、SBZ、TB)が用意されており、コントローラの入力値を読み出す場合は読み込み命令であるSTCR又はテスト命令(指定した系統のシリアル情報が1の時にフラグをセットする)TBを用いる。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。