misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > アタリ仕様ではないもの > Texas Instruments TI-99/4(1979)

Texas Instruments TI-99/4(1979)

ハードウェア概要

TIが1979年に発売した世界初の16ビットホームコンピュータ1。1981年に登場した後継機のTI-99/4Aはそこそこ売れた模様。スペックなどはRon Reuter氏によるファンページが参考になる。

1

CPUはTIのTMS9900。ぴゅう太に使われたTMS9995はこれの発展形。

コントローラ端子の特徴

本機のコントローラ端子はアタリ仕様と同じDサブDE-9だが、ピン配置は全く異なり、1つの端子で2つのジョイスティックを接続する。アタリ仕様への変換回路の回路図から判断する限りではコントローラ端子のピンアウトは以下の通り。

また、上記変換回路のダイオードの向きから、ぴゅう太やAmstrad CPCJR-200などと同様、コモン端子(ピン2と7)のH/L切り替えによって2つのコントローラからの入力を受け付ける仕組みと思われる。また、TI-99/4Aのテクニカルデータマニュアルに記載の回路図によれば、データピン(3-5、8、9)はキーボードコントローラと共有しており、入力専用と思われる2

2

設計ミスにより、alphaロックキーを押すとジョイスティックがうまく動かなくなるという問題がある

pin#

Function

1

NC

2

Joystick B Common

3

Digital in (FIRE)

4

Digital in (RIGHT)

5

Digital in (LEFT)

6

NC

7

Joystick A Common

8

Digital in (DOWN)

9

Digital in (UP)


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。