misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > コントローラ側の仕様 > Commodore Paddle Controller

Commodore Paddle Controller

ブロック崩し等で使用するパドルコントローラ。アタリVCS用パドルと同様、1つのコントローラ端子から分岐して2つのコントローラがつながっている。元々VIC-20用に販売されたものであるが、Commodore 64 にも正式対応している1

1

DenialWIKIの記事によれば、C64登場後にマイナーチェンジされているが、パッケージには引き続きVIC-20のロゴが大きく表示されている。

各コントローラにはパドルホイールとボタンが1つずつ設けられている。パドルコントローラの回路図とピンアウトを以下に示す。

/static/images/atari/vic20paddle.png

pin#

function

3

RIGHT PADDLE BUTTON

4

LEFT PADDLE BUTTON

5

LEFT PADDLE WHEEL POTENTIONMETER

7

VCC

8

COMMON

9

RIGHT PADDLE WHEEL POTENTIONMETER

VCS用のパドルとほとんど同じものだが、可変抵抗が470kΩとなっており、アタリ用のパドル(1MΩ)の半分程度の大きさと成っている。従って、アタリのパドルをVIC-20に用いた場合、VIC-20で検出できるのはホイールの可動範囲(おおよそ330度)の半分程度である。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。