misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > PC-6001系列(Vcc:pin5, GND:pin9) > ナショナル JR-200(1982)

ナショナル JR-200(1982)

ハードウェア概要

1982年に松下通信工業より発売されたホビーパソコン。Enri's Homepageの記事によれば、CPUはMN1800A(6802相当)とのこと。

コントローラ端子の特徴

本機はコントローラ端子を2つもっている。ピンアウトは以下の通り。

pin#

Function

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

VCC

6

Digital in

7

Digital in

8

COMMON

9

GND

ピン8は、一方の端子がLの時は必ず他方の端子がHとなるよう制御されている(両端子のピン8がHとなる場合もある)。ジョイスティックなどはピン8がコモン端子であることを想定しているようだ。Townsパッドのようにピン9をコモンとするコントローラは、端子1に接続されたか端子2に接続されたかを本体が判断できない。

ハードウェア実装

回路図等詳細は上記Enri's Homepageに記載されているのでそちらを参照のこと。キーボード及びコントローラ端子は基本的にサブCPUであるMN1544が担当している。読み取り手順は以下の通りのようだ。

  1. アドレス$C803のビット1に1、ビット7に0を出力し、サブCPUにジョイスティックの読み取りを指示する

  2. サブCPUが端子を読み取ると、メインCPUの割込ルーチンが端子1の入力データをアドレス$0001に、端子2の入力データをアドレス$0002に保存するのでこれを読み出す

各端子のピン1〜4、6、7は対応するアドレスのビット0〜5に対応している(はず)。1の時ピンはHで0の時はL。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。