misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > PC-6001系列(Vcc:pin5, GND:pin9) > NEC PC-8801mkIISR(1985)

NEC PC-8801mkIISR(1985)

ハードウェア概要

1985年にNECから発売されたZ80ベースのパソコン。1981年に発売されたPC-8801、1983年に発売されたPC-8801mkIIの後継機にあたる。元々のPC-8801は2色ながら640x400の画面モードを持っている一方でシンセサイザー機能がなく、ビジネス用途を強く意識した機種であったが、本機はFM音源やALU1、サイクルスチール2の採用などホビー面を前面に押し出したマシンとなっている。

1

論理演算を行いながら複数のプレーンに対して描画を行う為のLSI。PC-8001mkIISRでも採用された。

2

ビデオ回路等によるメモリアクセスを、CPUが利用しない時間帯に行う技術。CPUはビデオ回路のステータスを気にすることなくVRAMにアクセスできるようになるため、高速な描画が可能になる。

本機及びその後継機は1980年代後半を代表する8ビットホビーパソコンであり、1989年ごろにPC-9801VM/UVシリーズに取って代わられるまで市場における支配的な存在だった。

派生機として、16ビットCPUを追加し且つAV機能を強化した88VAや、PC-9801VMとニコイチにしたPC-98DO/DO+がある。

コントローラ端子の特徴

本機はコントローラ端子を1つもっている3。ピンアウトは以下の通り。

3

派生機のうち88VAは本機と同様で、PC-98DOは端子無し、DO+(PC-88モード)はマウスポートに変換アダプタ(PC-98DO/P-11)を挿すことによって本機と同様となる

pin#

Function

1

Digital in / Digital out

2

Digital in / Digital out

3

Digital in / Digital out

4

Digital in / Digital out

5

VCC

6

Digital in / Digital out

7

Digital in / Digital out

8

Digital out

9

GND

本機の端子は、ピン1〜4のグループと、ピン6、7のグループに別れており、グループごとに入出力を設定可能である。ジョイスティック端子として使う場合は、全てのピンを入力に設定し、且つピン8をLに設定する。

ハードウェア実装

本機のジョイスティック端子は、FM音源コントローラであるYM2203のI/Oポートを利用して実装されている。YM2203のI/Oポートの制御方法は「PSG音源の利用」を参照のこと。大 深 海 水 淵 亭の『PC-8801 覚え書き』によれば、端子のピン1〜4、6、7はそれぞれI/OポートのPA0〜3、PB0、PB1に接続されている。ピン8についてはI/Oアドレス$40のビット64で制御する。

今野 博晴・平間 勝「PC-8801mkⅡSRテクニカルマップII」(秀和システムトレーディング)、P236-237より抜粋した回路図を以下に示す。図に示されるように、ピン8はゲートアレイ、フリップフロップICである74LS273を用いて実装されている。

/static/images/atari/pc88sr.png
4

I/Oアドレス$40のビット6は、元々PC-8801の汎用I/O端子5(入力4、出力1。コネクタはデータレコーダと共用のDIN9ピン)の信号出力端子を制御するために使用されていた

5

PC-Techknow8801 vol.1[archive]より

レトロコンピュータピープルの『PC-8800 I/Oマップ』によれば、YM2203を制御するためのI/Oポートアドレスは以下のとおりである。

  • $44(W): YM2203のレジスタ指定

  • $45(W): YM2203データ出力

  • $45(R): YM2203データ読み出し


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。