misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > アタリ仕様ではないもの > NEC PC-8001mkII(1983), PC-8801mkII(1983)

NEC PC-8001mkII(1983), PC-8801mkII(1983)

ハードウェア概要

PC-8001mkIIは1979年に発売された日本最初期のパソコン、PC-8001の後継機である。PC-8001に比べてグラフィック回りが強化されている。本機の後継機として、PC-8001mkIISRが1985年に登場している。PC-8801mkIIは1981年に登場したビジネス向け8ビットパソコンのPC-8801の後継機である。

コントローラ端子の特徴

両機のコントローラ端子はアタリ仕様と同じDサブDE-9だが、ピン配置は全く異なる。また、この端子は両機の後継機であるPC-8001mkIISRやPC-8801mkIISRには採用されていない。復刻・懐古庵の『両mkIIを比較する』[archive]によればピンアウト及びI/Oアドレスは以下の通りである。

pin#

Function

Address / Bit

1

Digital in(UIP2)

$30 / Bit7

2

Digital in(UIP1)

$30 / Bit6

3

Digital out(UOP1)

$40 / Bit6

4

Digital out(UOP2)

$40 / Bit7

5

GND

---

6

Digital out(UOP3)

$10 / Bit7

7

GND

---

8

Interrupt(UINT2)

---

9

VCC

---


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。