misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 概要 > PSG音源の利用

PSG音源の利用

概要

General Instrument(GI)社のサウンドコントローラAY-3-8910はPSG音源1の一種であり、AppleIIのMockingBoard2を初めとして、世界各国の様々なパソコンに採用された。AY-3-8910は8ビットのI/Oポートを2つ(Port A / Port B)持っており3、しばしばこのI/Oポートを使ってコントローラ端子が実装された。

特に日本ではAY-3-8910のみならず、完全上位互換のFM音源コントローラであるYM2203やYM2608が多くのメーカーで広く採用されたこともあり、AY-3-8910のI/Oポートをジョイスティック端子として使用したパソコンは多い。

1

Programmable Sound Generator。矩形波、三角波、ノコギリ波を組み合わせて音色を作る音源のこと。同様の原理で動作するサウンドコントローラとしてはテキサスインスツルメンツのSN76489やフィリップスのSAA1099がある。

2

Sweet Micro Systemsによって1981に販売開始された音源ボード。サードパーティー製品だがAppleII用音源としてはデファクトスタンダード

3

下位互換製品としてAY-8910-12及びAY-8910-13がある。AY-8910-12はI/OポートをPort A1つに減らしたものであり、AY-8910-13はI/Oポートを完全に省略したモデルである

制御方法

AY-3-8910は内部にレジスタを16持っており4、パソコン側ではレジスタ番号を指定して命令を送る。多くのパソコンでは、レジスタ番号の指定と、レジスタに送る/レジスタから読み取るデータ用としてI/Oアドレスを2つ割り当てており、一方のアドレスでレジスタを指定し、データを読み取る時は他方のアドレスを読み、データを送信する時は他方のアドレスに書き込むようになっている。

AY-3-8910のI/Oポートにアクセスする際に使うレジスタは$07、$0E、$0Fの3つ。それぞれの機能は以下の通り5

Register#

Bit7

Bit6

Bit5

Bit4

Bit3

Bit2

Bit1

Bit0

$07(W)

Set I/O Direction for port B (0=in, 1=out)

Set I/O Direction for port A (0=in, 1=out)

NOISE/TONE Enable (not used for controllers)

$0E(R/W)

PA7

PA6

PA5

PA4

PA3

PA2

PA1

PA0

$0F(R/W)

PB7

PB6

PB5

PB4

PB3

PB2

PB1

PB0

4

テクハンWiki MSX2テクニカルハンドブック 第5部第1章 PSGと音声出力

5

上記テクハンWiki及び、アスキー「PC‐9800シリーズテクニカルデータブック」より


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。