misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > コントローラ側の仕様 > セガ Master System スポーツパッド

セガ Master System スポーツパッド

マスターシステム用のトラックボール。国内ではスポーツパッドサッカーの付属品であり単品販売はされていないが、北米では単品発売もあった 。北米版は国内版と比べて一回り大きく、ボタンは連射可能且つジョイスティックモード1への切り替えスイッチもある。セガ公式の開発ドキュメントによればピンアウトは以下の通り。

1

トラックボール非対応ソフトでも使えるよう、トラックボールの回転方向のみをジョイスティックの方向データとして出力するモード

pin #

Function

1

DATA BIT 0/4

2

DATA BIT 1/5

3

DATA BIT 2/6

4

DATA BIT 3/7

5

VCC

6

LEFT TRIGGER

7

STROBE (Output)

8

GND / COMMON

9

RIGHT TRIGGER

コンセプトはMSXマウスと似ている。読み取り方法は以下の通り。

  1. STROBEにHレベルを出力

  2. STROBEにLレベルを出力

  3. 80マイクロ秒待機

  4. ピン1〜4から、データビット4〜7を読み取り2

  5. STROBEにHレベルを出力

  6. 40マイクロ秒待機

  7. ピン1〜4から、データビット0〜3を読み取り

  8. STROBEにLレベルを出力

  9. 40マイクロ秒待機

  10. ピン1〜4から、データビット4〜7を読み取り

  11. STROBEにHレベルを出力

  12. 40マイクロ秒待機

  13. ピン1〜4から、データビット0〜3を読み取り

ステップ4、7で読み取った8ビットのデータがX座標、ステップ10、13で読み取った8ビットのデータがY座標の移動量を示す。移動量は右、上回転で正の値、左、下回転で負の値となる3

2

データビットはHレベル=1、Lレベル=0

3

8ビット整数での正負は2の補数によって表現する。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。