misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > PC-6001系列(Vcc:pin5, GND:pin9) > 富士通 FM TOWNS(1989)

富士通 FM TOWNS(1989)

ハードウェア概要

1989年に富士通から発売されたx86ベースのパソコンである。全てのモデルで386SX以上のCPUとCD-ROMドライブを採用したことが大きな特徴である。AV機能も6チャンネルステレオFM音源、8チャンネルステレオPCM音源、32768色/1600万色中256色対応のビデオ、スプライト機能1など充実していた。

1

背景画像分のVRAMの書き換えをすることなくキャラクタを背景に重ね合わせるハードウェア。プログラマはスプライトコントローラに対して表示するキャラクタと表示位置のみ指定するだけであとはコントローラが処理してくれる。FM TOWNSに採用されたのはフレームバッファ式のスプライトであり、2画面分(256x512ピクセル)のVRAMをキャラクタ合成用に確保する必要がある一方、ラインバッファ式のスプライト2のような水平方向の表示制限はない。

2

キャラクタ合成の為のバッファを、1ライン表示ごとに書き換えるタイプのコントローラ。バッファは2ライン分で済む代わりに、1ライン表示ごとにキャラクタをバッファに転送しなければならないため水平方向の表示制限がある。

コントローラ端子の特徴

本機はコントローラ端子を2つもっている。システムソフトウェアを初めとして多くのソフトでは端子2にマウスを接続することを前提としている。千葉憲昭「FM TOWNSテクニカルデータブック」(アスキー出版)によればピンアウトは以下の通り。

pin#

Function

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

Vcc

6

Digital in / Digital out

7

Digital in / Digital out

8

Digital in / Digital out

9

GND

PC-6001等と異なるのはピン8も入出力兼用となっていること。MSX用のジョイスティック等を使う場合は(連射機能付きのものでない限り)ピン8をLに指定する必要がある3

3

TOWNS標準のジョイパッドは9ピンをコモンピンとしているため、一部のTOWNS用ソフトではピン8をLに設定していないものがある。そのようなソフトではMSX用のコントローラは使用できない。

ハードウェア実装

「FM TOWNSテクニカルデータブック」によれば、本機のコントローラ端子は下表の通りI/Oアドレス$04D0、$04D2、$04D6を用いて制御される。下表ではコントローラの各ピンをCmPnの形式で表記する。例えば、C1P2であればコントローラ端子1のピン2のことである。

Bit7

Bit6

Bit5

Bit4

Bit3

Bit2

Bit1

Bit0

$04D0(R)

Not Used

C1P8

C1P7

C1P6

C1P4

C1P3

C1P2

C1P1

$04D2(R)

Not Used

C2P8

C2P7

C2P6

C2P4

C2P3

C2P2

C2P1

$04D6(W)

Should be set to 0

C2P8

C1P8

C2P7

C2P6

C1P7

C1P6

入力、出力ともに0=L、1=Hである。ピン6、7を読み取り用として設定する場合は、アドレス$04D6で対応するピンの出力をHに設定する必要がある。ピン8を読み取り用として設定する場合はアドレス$04D6で対応するピンの出力をLに設定する必要がある。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。