misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > コントローラ側の仕様 > MSXジョイスティック

MSXジョイスティック

NEC PC-6001、シャープ X1、各社MSX等のコントローラ端子に対応した2ボタンジョイスティック。

PC-6001純正のジョイスティックであるPC-6052は、アタリVSCと同じ1ボタンジョイスティックだった1。2ボタン対応のジョイスティックがいつ頃登場したのかはわからないが、遅くとも1983年10月にはソニーの2ボタンジョイスティックJS-55が広告に掲載されている2。回路図及びピンアウトは以下の通り。

1

PC-6001のマニュアルにも1ボタンしか言及されていない

2

Akiba PC Hotline! ボクたちが愛した、想い出のパソコン・マイコンたち 初期MSXの中でもスタイリッシュなデザインで差別化を図った「ソニー HitBit HB-55」に掲載されている、SMC-777及びMSXのHB-55の発売前の広告より。また、JS-55のパッケージに記載の説明には、発射ボタンが2種類あることが明記されている。

/static/images/atari/p6_msx_joystick.png

pin#

function

1

UP

2

DOWN

3

LEFT

4

RIGHT

5

NC

6

BUTTON A(1)

7

BUTTON B(2)

8

COMMON

9

NC3

3

コモン端子は通常はATARI1ボタンジョイスティックと互換性のあるピン8だが、GNDであるピン9をコモン端子にしても動作する。一部のジョイスティックでは連射機能つきジョイスティックと基板を共通化するためか、ボタンのみピン9をコモン端子にしたものもあった。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。