misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > PC-6001系列(Vcc:pin5, GND:pin9) > NEC PC-6001(1981)

NEC PC-6001(1981)

ハードウェア概要

1981年にNECから発売されたZ80ベースのパソコン。最初からホビー機として設計されており、PSG音源やジョイスティック端子、ROMカートリッジスロットなども内蔵している。PCプログラミング入門マンガの「こんにちはマイコン」のターゲット機としても知られる。

当機及び後継機は実験機的な要素もあったらしく、以下のように同社の他機種に先駆けて標準搭載された機能も多い。

  • PC-6001(1981/11): PSG音源及びジョイスティック1

  • PC-6001mkII(1983/7): 音声合成及び漢字ROM2

  • PC-6601(1983/11): 3.5インチFDD及び音程つき音声合成3

  • PC-6001mkIISR及び6601SR(1984/11): FM音源4

1

NECの他のパソコンでは1985年のPC-8801mkIISRから

2

ハードウェアによる音声合成はPC-6001シリーズのみ。他機種よりも文字数が少ないとはいえ漢字ROMの標準搭載もPC-9801F、PC-100(共に1983/10)よりも早い

3

3.5インチFDDの内蔵は1985年のPC-9801U2から

4

FM音源の内蔵は1985年1月のPC-8801mkIISR及びPC-8001mkIISRから

コントローラ端子の特徴

本機はコントローラ端子を2つもっている。オリジナルのATARI VCSに対して2ボタンに拡張されており、VCC、GND、デジタル出力端子のピンも変更されている。ピンアウトは以下の通りである。

pin#

Function

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

VCC

6

Digital in / Digital out

7

Digital in / Digital out

8

Digital out

9

GND

GNDが9ピンに移動しているが、ピン8をLレベルに設定することでATARI VCS同様ピン8をコモンピンとすることができる。本端子は入力4、出力3のI/Oポートとして使用可能である。この仕様はMSXにもほぼそのまま採用されたため、日本国内におけるデファクトスタンダードとなり、1989年に登場したFM TOWNSまで採用され続ける。

ハードウェア実装

本機のジョイスティック端子は、PSGコントローラであるAY-3-8910のI/Oポートを利用して実装されている。AY-3-8910のI/Oポートの制御方法は「PSG音源の利用」を、回路についてや各ピンとI/Oポートとの対応についてはPC-6001, MSX, PC-9801, FM-7共通を参照のこと。

THE B-TYPE UNION.に掲載されているN6x BASIC リファレンス-資料4:I/Oポートアドレスによれば、PSGを制御するためのI/Oポートアドレスは以下のとおりである。

  • $A0(W): AY-3-8910のレジスタ指定

  • $A1(W): AY-3-8910データ出力

  • $A2(R): AY-3-8910データ読み出し


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。