misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > アタリ仕様ではないもの > ATARI STE Extend Joystick Port(1989)

ATARI STE Extend Joystick Port(1989)

ハードウェア概要

ATARI STのマイナーチェンジ版であり、1989年末に販売が開始された。本機は従来からあったDサブ9ピン相当のコントローラ端子2基に加え、PCのVGAモニタ端子と同じDサブ15ピン(DE-15)相当[#]の拡張ジョイスティック端子が2基追加された。この拡張ジョイスティック端子は、ATARI FalconやJaguarにも採用されている。

1

モニタ同様、本体側がメスコネクタで、コントローラ側がオスコネクタ

コントローラ端子の特徴

以下の説明はDan Hollis氏によるメモリマップの説明及びXav氏によるThe Atari Enhanced Joystick Ports Frequently Asked Questionsに基づく。コントローラ側のコネクタにおけるピン番号およびピンアウトを以下に示す。

/static/images/atari/ste_connector.png

pin#

Controller 0

Controller 1

1

Digital in / Digital out

2

Digital in / Digital out

3

Digital in / Digital out

4

Digital in / Digital out

5

Analog in

6

Digital in / Light Pen

Digital in

7

VCC

8

NC

9

GND

10

Digital in

11

Digital in

12

Digital in

13

Digital in

14

Digital in

15

Analog in

制御方法

デジタル入出力ピンの制御は、アドレス$FF9200、$FF9202を使って行う。各アドレスとピン番号との関係は下表の通り。なお、下表ではピン番号は"CmPn"という形式で説明する。すなわち、C0P1ならコントローラ端子0のピン1を示す。なお、入力、出力共に0=L、1=Hである。

ADDRESS

Bit15

Bit14

Bit13

Bit12

Bit11

Bit10

Bit9

Bit8

Bit7

Bit6

Bit5

Bit4

Bit3

Bit2

Bit1

Bit0

$FF9200(R)

Not Used

C0P6

C1P6

C0P10

C1P10

$FF9202(R)

C1P14

C1P13

C1P12

C1P11

C0P14

C0P13

C0P12

C0P11

C1P4

C1P3

C1P2

C1P1

C0P4

C0P3

C0P2

C0P1

$FF9202(W)

Not Used

C1P4

C1P3

C1P2

C1P1

C0P4

C0P3

C0P2

C0P1

アナログ入力は、$FF9210(C0P15)、$FF9212(C0P5)、$FF9214(C1P15)、$FF9216(C1P5)のビット0~7を読み取ることで検出できる。ライトペンについては、アドレス$FF9220(X座標)、$FF9222(Y座標)のビット0~9によって検出する。


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。