misc. > アタリ仕様ジョイスティック研究 > 機器側の仕様 > PC-6001系列(Vcc:pin5, GND:pin9) > 三洋電機PHC-25/セイコーMAP-1010/日野電子CEFUCOM-21(1982)

三洋電機PHC-25/セイコーMAP-1010/日野電子CEFUCOM-21(1982)

ハードウェア概要

1982年に三洋電機から発売されたZ80ベースのパソコンである。インプレスAKIBA PC Hotline! ボクたちが愛した、想い出のレトロパソコン・マイコンたち『PC-6001とよく似たカラーリングの小型パソコン「SANYO PHC-25」』によれば、BASICレベルでNEC PC-6001と互換性があり、カセットテープの記録フォーマットも同じ(つまり、PC-6001用のテープベースのソフトをそのまま読み込むことができる)とのこと。

PHC-25自体は音源を内蔵しておらず、ジョイスティック端子もないものの、正規オプションであるシンセサイザユニットPSG-01を接続することで両機能を使用可能となる。

このPHC-25の互換機として服部セイコーが発売していた教育用パソコン、マップ先生ことMAP-1010という機種がある。昔のPCに関するホームページの「格好いいマシン:セイコーMAP-1010」によれば、こちらは本体-キーボードセパレート型。また、morian氏のパピコニアンの倉庫 – 整頓中「SEIKO MAP-1010に関するメモ書き」によれば、拡張I/OボードMAP-1030に音源コントローラとジョイスティックポートが搭載されているとのこと。

さらに日野電子CEFUCOM-21という機種があり、こちらはブログ 新 レトロゲーム紀行「珍品コンピューター CEFUCOM-21とパピコンの関係」によれば音源・ジョイスティックポートそれにデータレコーダも内蔵されている。

コントローラ端子の特徴

日野電子CEFUCOM-21はコントローラ端子を2つ内蔵している(PHC-25とMAP-1010は別売り)。パピコニアンの倉庫 – 整頓中「cefucom-21を分解してみたよ ハードウェア編」に掲載されている基板の写真を見ると、PSG音源チップのAY-3-8910とコントローラ端子との間に74LS157が2つ、74LS367が1つ、x8とx4の集合抵抗が1つずつということでPC-6001完全互換とみてよさそうだ。MAP-1010のオプションであるデジタイザMAP-1070がPC-6051相当だとすると、VCCもあるはずだ。ということで予想されるピンアウトは以下の通り。

pin#

Function

1

Digital in

2

Digital in

3

Digital in

4

Digital in

5

VCC

6

Digital in / Digital out

7

Digital in / Digital out

8

Digital out

9

GND

ハードウェア実装

本機のジョイスティック端子は、PSGコントローラであるAY-3-8910のI/Oポートを利用して実装されている。AY-3-8910のI/Oポートの制御方法は「PSG音源の利用」を参照のこと。TAKEDA, toshiya氏のCommon Source Code ProjectのPHC-25エミュレータのソースコードから判断すると、AY-3-8910制御用のI/Oアドレスは以下の通り。各I/Oのビットとコントローラの信号ピンとの関係はたぶんPC-6001と同じと思われるため、当サイトの「PC-6001, MSX, PC-9801, FM-7共通」を参照のこと。Common Source Code Projectのソースではジョイスティック読み取りの際に下位5ビットのみをチェックしているが、これはROM BASICの解析に基づいてエミュレータの実装を行ったためだろう1

  • $C0(W): AY-3-8910のデータ出力

  • $C1(R): AY-3-8910のデータ入力

  • $C1(W): AY-3-8910のレジスタ指定

1

元ネタであるPC-6001用のN60BASICではジョイスティックトリガ読み取り用のSTRIG関数が1ボタンしか読み取れないのでPHC-25のBASICでも同様と推定


コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。