CGAで1024色!

最初期のIBM PCのグラフィックアダプタであるCGA(Color Graphics Adapter)。基本的には320x200, 4色という8ビット機にすら劣る環境である。しかしながら工夫により多色発色ができる。有名なものとしては。

1

この行数ではフォントの上8x2ピクセルしか表示されないが、文字コード221(左に寄せた4x8ピクセルの長方形)か文字コード222(右に寄せた4x8ピクセルの長方形)をスクリーン全体に敷き詰める。PCは文字ごとに背景色と文字色を設定できるので、1文字ごとに2x1ピクセル相当となり、160x100ピクセルというわけ。

2

コンポジット出力の特性上、320x200,4色や640x200白黒は160x200,16色に見える。320x200,4色のコンポジット出力は4色の中間色っぽい色合いになってあまり使い勝手はよくないが、640x200白黒のコンポジット化は(くすんだ色合いになりがちだけど)テキスト16色に近い色になり結構使える。

CGAでは上記2パターンが限界かと思っていたが、色数や解像度をより上げる技術があると知ってびっくりした。INT10H.orgの"CGA in 1024 Colors - a New Mode: the Illustrated Guide"という記事に原理が書いてある。

The Macrocom Method

まずは80年代中頃に考案されたというMacrocom Method。これは80字x100行テキストモードを使う方式の応用で、文字コード221、222以外の文字も使うことで、(8x2ピクセルのブロックごとに2色しか使えないという制約はあるが)解像度を640x200に拡張するというものだ。

1024色拡張

1024色拡張は、このMacrocom Methodとコンポジットを組み合わせた技術だ。つまり、CRTCを操作して各文字の一ライン目を次のラインでも表示させるようにした上で、Macrocom Methodで使う文字をコード85(U, □□■■□□■■)、コード19(!!, ■□□■■□□■)、コード176(網掛け模様, ■■□■■■□■)、コード177(網掛け模様, ■□■□■□■□)を使うことで、各コードごとに256色を実現できるようになり、80x100サイズながら1024色となる。

コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック


Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。