Blog ページ1/1

平野市議のサイトが更新(6/25)

(No.210) 平成19年6月25日『新球場建設に係る官製談合の疑惑(その2)』

SPECTATOR | Selected Works by Dan Meis, NBBJ Sports and Entertainmentからのネタを引っ張ってきています。前回のコラムで「次回から英文の資料を用いて少しばかり私の思いを述べさせていただきます。」と書いていたのである程度は予想できましたが。

例えば、この書籍には現市民球場の建替えが不適との結論を出した、広島市が調査依頼した日建設計の名前があります。日建設計は貨物ヤード跡地に新球場建設のデザイン・設計をしようとしているアメリカ企業の日本の唯一の協力者です。その上、この書籍から市民の皆さんが判断できる所に2001年当時の設計コンペのクライアント(依頼主)は秋葉広島市長となっています。契約社会のアメリカで、このように公表されていれば、設計契約も完了しているはずであり、その代金はどのように支払われておりますか。甚だ疑問に思います。

(続きあり)


交流戦終了

いやあ、景気良く負けましたな。

今回のていたらくは完全にフロント編成部門の失態でしょう。早急な改善を求めます。

(続きあり)


Gentoo:ブラウザをどうにかする

まず、何よりもGecko系のブラウザ(Firefox, Seamonkey, Galeonなど)は重い。果てしなく重い。1000レスに到達した2chのスレなど1分以上もか固まり、他のタブで表示されているコンテンツすら読めない。

そこで、代替のブラウザを検討する。ってもGeckoエンジン以外のブラウザって、OperaとKonqueror位しかないが。

で、KonquerorはFlash9のプラグインが動かないのと、GIFを読んでくれないという問題があるのでアウト。残るはOperaのみとなるわけだが……

デフォルトだと、Operaは表示されるフォントが変。てことであれこれいじる。Tools→Preferences→Advanced→Fontsで片っ端から日本語フォントに変えてみる。すると、コンテンツはちゃんとしたフォントになった。どうやら、Operaはラテンフォントが設定されているときに日本語を表示させようとすると、ABC順でいちばん若い名前のフォントを選択するようになっているようだ。このため、あくあフォント[archive]が選択されてしまったようだ。

しかし、まだツールバーの英数フォントがあくあフォントのままだ。なぜだろう。日本語のツールバーの文字(ブックマークとか)は別のフォントになっているのに。ふと気づいてLANG環境変数をCにして起動してみる。すると、ツールバーのフォントが別のフォントになった。日本語の表示も問題ない。

以上で解決也


平野市議が弊ブログの内容に言及

久々に更新された平野市議のコラム(2007年6月6日)より。

この件に関して、2007年5月20日、とあるホームページに、私が以前述べたイスメーカー社長の立場の解説をされていますが、その中に気になる箇所があります。それは、「ワイロでも渡したのならともかく、実績のある建築家を紹介するくらいのことは、営業行為の範囲内だと、私は思っている。それに、コトブキの実績を見る限り、どこが設計したとしてもほぼ確実にコトブキは食いこんでくるでしょう」という箇所です。

新球場建設は公共工事なのです。民−民の感覚での事業展開は出来ないのです。金銭が動くことだけが不正ではなく、特定の企業、個人に対する利益供与だけでも官製談合であり、行政が絶対にやってはいけないことなのです。このことが和歌山県や宮崎県のような温床になるのです。

イスメーカーであるコトブキや、ダン・ミンス氏へ何らかの利益供与がなければ、これら民が動くはずはありません。これは事実上の官製談合か、特定の個人や企業に対しての利益誘導になるのではないでしょうか

(続きあり)


交流戦@仙台

てことで、仙台に来ています。なんつーか、一塁側で見たのすごく久しぶりな気が(神宮、横浜、東京ドームはもとより、市民球場でも私は3塁側でみているため)。

たまたま隣の席に座っていた方が楽天の一番ショートの渡辺直人選手のお父様だったため、いろいろとお話を聞かせていただきました

(続きあり)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。