Blog ページ1/1

Jリーグで使用するスタジアムがACL基準を満たしているか確認してみる

Important

(2017/4/12)

コトブキシーティング株式会社様よりご指摘がありました。「コトブキシーティングのBLM-1508/1510/1512/1516(以下BLM-15xxと総称)は背もたれの高さがカタログでは265ミリなのでわずかに足りない」との記載が本記事にありましたが、座面からの背もたれ高さは300ミリ以上確保しているとのお話でした。

また、AFCの基準を確認した所、現時点では基準が変更されていました。

本日、本記事を以上二点を反映させたものに修正しています。結果としてビッグスワン、南長野、長崎はACL基準を満たしていることになります。

きっかけは日刊スポーツの記事「ACLルール厳格化 川崎F等々力1階席は無観客に」。ACLのスタジアム基準(2012)の観客席関連の要旨は下記のとおり。

(続きあり)


DAZNは何をもたらすのか

先日、Jリーグと10年2100億の契約を結んだことでニュースになったDAZN(こっちのリンクとどっちが正しいのかな)。これが日本のスポーツ環境及びスポーツ界にどんな影響を与えうるのかを自分なりに調べてみた。

(続きあり)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。