Blog ページ1/4

IBM-PCのシリアル・パラレルポートの変遷

PC用シリアルマウスのプロトコルを調べていく過程で、初期(1980年代)のPCのシリアルポート・パラレルポートの仕様か割とコロコロ変わっていることが分かったのでまとめてみる。なお、特に記載のない限り、参照した資料はJeff Parsons氏のPCjs Explorerに掲載されているものを使用した。

(続きあり)


CGAで1024色!

最初期のIBM PCのグラフィックアダプタであるCGA(Color Graphics Adapter)。基本的には320x200, 4色という8ビット機にすら劣る環境である。しかしながら工夫により多色発色ができる。有名なものとしては。

1

この行数ではフォントの上8x2ピクセルしか表示されないが、文字コード221(左に寄せた4x8ピクセルの長方形)か文字コード222(右に寄せた4x8ピクセルの長方形)をスクリーン全体に敷き詰める。PCは文字ごとに背景色と文字色を設定できるので、1文字ごとに2x1ピクセル相当となり、160x100ピクセルというわけ。

2

コンポジット出力の特性上、320x200,4色や640x200白黒は160x200,16色に見える。320x200,4色のコンポジット出力は4色の中間色っぽい色合いになってあまり使い勝手はよくないが、640x200白黒のコンポジット化は(くすんだ色合いになりがちだけど)テキスト16色に近い色になり結構使える。

CGAでは上記2パターンが限界かと思っていたが、色数や解像度をより上げる技術があると知ってびっくりした。INT10H.orgの"CGA in 1024 Colors - a New Mode: the Illustrated Guide"という記事に原理が書いてある。

(続きあり)


ゲームポートのしくみ

USBが普及する前にPC互換機で広く利用されたジョイスティック用の端子であるゲームポート(game port)について調べてみたのでまとめてみる。

(続きあり)


Windows機のマザーボード入れ替え

今まで使ったいたWindows8.1機のマザーボード(ASUS M4A89GTD PRO/USB3)が故障して起動しなくなった。買ってから4年近く経ってるし問い合わせもすごく面倒そう(記入必須項目大杉)なのでさくっと買い替え。

購入したのは以下の四点

ダメ元で旧PCのHDDをつないでみたら普通に起動した(NT4.0 Workstationを起点とするアップグレード版なんでライセンス的にはセーフだと思う)。でもってドライバを入れ直して、せっかくだからHDD換装。EaseUS Todo Backup Freeというのを使ってみた。とりあえず今の所普通に動作している模様。再認証を要求されたのはOfficeとNortonだけでIllustrator、Acrobat、Windowsは特に何もしなくてもOKだった。

しかし過去の記録をみるとWindows機は二回続けてマザーボードが故障しているのか。


2chの「転載禁止」に際して

2ch新管理人のJim氏のbbspnk上での見解(レス559)から類推するに、著作権法どおりということかな。つまり

ということか。非商用のブログであれば転載を見過ごしてくれるかもしれないが安心はできない。

ということで、当ブログについても、2chからの転載と判断される以下の3エントリについては2chへのリンクに差し替えた。うちはブログで収入を得ているわけではないが、2chが過去ログの公開を始めた以上2chのこの判断に従うことに問題はないし、一介の2ch読者としては多少なりとも2chの利益に沿う形にするのがよいのではないかと思うので。


これまで作った自作機を振り返ってみる

そういやPCの自作始めてもう16年になるんだなぁ…と。基本DOSゲーマーだからハイ(or廃)スペックなPCは作ってないんだけど、この機会に振り返ってみる。

(続きあり)


国内パソコンのブランド名を列挙してみる

ソニーがパソコンから撤退するというニュースを受けて「そーいやソニーって昔HitBitとかQuarterLとかあったよね」と昔を懐かしんでみる。以下選定基準。

(続きあり)


#25年前の若者に言っても信じて貰えないこと パソコン編

Twitter上でのネタ。togetterでまとめられている。私自身Twitterで書いているけど、「今の一般の人が『25年前の若者に言っても信じて貰えないだろう』と考えていること」って、当時のパソオタにとっては(たとえ予想できなかったとしても)指摘されたら納得してしまうんじゃないかと思ったり。中には当時からあったものもあるし。

今から25年前、つまり1988年ってどういう時代だったかというと、

(続きあり)


そういやPCのBIOS設定で+/-キーを設定変更用のキーとして使っているものがあるけど

+と-のキーの位置って国ごとに違っているよね。JISとUSは+のキーの位置が違うし、ドイツのキーボードは+/-共にJISともUSとも異なる位置にある。

で、OSはキー配列の差をドライバで吸収しているが、BIOS設定の時点では接続されているキー配列が分からない状態のはず。どうなってるの?ということで、うちにあるデスクトップPCを起動してチェックしてみた。(ちなみにそのPCにつながっているのはAXキーボード)

結果。フルキーの方の+/-には無反応で、テンキーの+/-のみに反応するという仕様だった。


LOGiNが休刊

株式会社エンターブレイン login ログイン休刊のお知らせ(PDF) (リンク切れ URL: http://www.enterbrain.co.jp/ad/info/login20080410.pdf)

ログインは87年〜94年頃まで愛読していた。残念といえば残念だが、ま、これも時代の流れというやつだろう。

かつてのログイン(小島文隆氏と河野マタロー氏が編集長をやっていた頃)のすごかった所は、小島ヘンシューチョ以下、Apple][やAtrai400をリアルタイムで使ってた人が軸になっていた、って所だと思っている。国内のゲームしか見ていないと、国内のゲームのいいところも悪いところもわかりにくくなるわけですよ。編集者の経験の豊富さからくるログインならではの切り口、ってのがログインをログインたらしめた部分ではあると思う。

(続きあり)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。