Blog ページ1/1

おのれAdobeめ

どうやらillustrator(CS5.5)で作ったJPEGファイルが環境によっては表示できない模様。つまりこのブログの専スタ関連の画像が環境によってはほとんど見えないということに。

(1/29 20:20 JSTごろ追記) どうやらJPEGをCYMKで保存してたのが原因らしい。とりあえず【専スタ@広島】いろいろ配慮したスタジアム案を考えてみるだけ修正した。

(1/30追記)それ以外の画像は時間がかかりそう… Illustratorでデータがない奴はどうしよう。ImageMagickで変換できるかな? しかしJPEGのくせにやけにデータ量がでかいと思ったら。


【専スタ@広島】いろいろ配慮したスタジアム案を考えてみる

(1/30 ちょこちょこ修正)

/img/blog/atochi-stadium20130126_1.jpg /img/blog/atochi-stadium20130126_2.jpg

サッカー場としての基本的な性格

  • 跡地西側の建物はいじらない(お金がかかるから。青少年センター以外は民間施設だし)

  • スタジアムの東西には奥行き10m程度の待機エリアを設ける(街中にあるMLBの球場だと大体これくらい確保しているので)。結果として、スタジアムの基礎部分は南北160メートル、東西145メートルの範囲内に収めるようにする。

  • フィールドサイズは120x80メートル。JFAの推奨サイズ(125x85メートル)よりも一回り小さいが、必要とされているサイズ(115x78メートル)は満たしている。この大きさなら(高校はちと安全面から難しいが)社会人ラグビーも何とかできるはず(ヤマハスタジアムがこの位のサイズなので)。高校ラグビーは今県内に10チームくらいしかないので、県営ラグビー場だけでも良さそう。

  • ゴール裏の座席数を確保するために、スタンドを片持ちで5メートルほど外側にはみ出させている。5メートルにしたのはマツダスタジアムの片持ち部の奥行きが8メートルくらいだったから。ただ、スコアボードを片持ち部分に置くのはどうかと思ったので、北側のスタンドはスコアボード分(幅22メートル、奥行き3メートル、高さ6メートル。等々力と同程度を想定)へこませている。

  • メイン、バック、北側ゴール裏の高さは21メートルにして、屋根込みで25メートル以内に収めるようにしてみた。

  • 南側ゴール裏については後述の理由から意図的に傾斜を緩くしており、また、屋根も設けない。傾斜が緩く奥行きが小さいのでスタンド内に出入口を作ると非効率になってしまうので、ここだけは横通路を作ってその先にゲートに向かう階段を設ける

  • 北側ゴール裏スタンドについては全体的にかさ上げした上で、前縁についても片持ち支持にしてみた。ラグビー時のスペース確保が狙い。

  • 座席の間隔は前後80センチ、左右47センチ、縦通路は10メートルおきに1.5メートル幅。

(続きあり)


旧広島市民球場跡地委員会の最終報告案とやらが出たわけだが

https://www.city.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/104654.pdf

まず22ページ目の他都市との比較。そんなに悪くないよね、広島。弱いのは遊園地(民間でやる事業でしょ)と展望台(いらん)とメセコン(いらん)とサッカー場。文化・芸術関係が何気に充実している。どこに作るかは別としてサッカー場が優先度高いような気がする。

次に43ページ目。サッカー場の提案なんだけど、規模が180x168メートルとなっている。でもって、絵では商工会議所他の建物も残っている。てことで多分180メートルが南北方向… 検証してみたけど武道場の上にスタンドが乗っかる恰好になるぞ。「建造物の設置が困難な区域においては、 地下構造物の支障にならない構造としている」(51ページ)って言ってるけどさすがに無理があると思う。

あと、「スタンド下に何を入れるかは今後の課題」ってるけど(33ページ)、ノンビリしすぎじゃないかい? 「サッカー場じゃなくて複合施設」を主張してるんだから何を複合させるかは最優先で検討すべき事項じゃないだろうか。


【専スタ@広島】各候補地を比較してみよう

とりあえず今候補に挙がっている旧市民球場跡地、宇品と、私が密かに期待している商工センター(西部埋立第五公園)を、クラブと行政ポジから比較して見ようと思った次第。なお、ここでいう「行政ポジ」とは「行政が合理的に動くならこうするよね」っていうのを私なりに想像したものであり、実際の広島市がこう考えているという訳ではないことを理解されたし。

(続きあり)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。