Blog ページ1/13

ファミコン版ジョイボールの回路

Youtube動画『メーカーの公称値に全く届かない連射機能付きコントローラーたちの真相「ホリ電機の嘘つき!1秒間に40発なんて出来ないぞ!」』にて、ジョイボール1が秒間250射という超高速な連射速度を出していることが報告されている。この計測はファミコンのコントローラをUSB変換アダプタを介してPCにつなぎ、Shwatch++というソフトで測定した結果で、同作者の他のYoutube動画によればファミコン本体での計測ではぴったり秒間15射とのこと。

1

1985年にハル研究所より発売された、ファミコン初の連射機能付きジョイスティック。スティック部分が直径8センチほどのボールとなっており、手のひらで包むようにして操作する。

通常、連射機能は発振回路によって行うが、誤作動のリスクが大きいため秒間30射の数倍のオーダーで発振させているとは考えにくい2。ファミコンの場合、コントローラからのデータはシリアル送信で行われる。このため、コントローラ入力の読み取りを行う度に本体側からパルスを出力している 。このパルスをカウントして、2回パルスを受信する度にボタンのオンオフを切り替えるような仕組みになっていれば、ファミコン本体では秒間15射、PC接続においてはサンプリングレートに応じた連射速度になる。この推測が正しいかどうかを確認するため、実際にジョイボールを入手して確認した次第。

なお、ジョイボールには色違いのMSX版もあるが、こちらは(コントローラ側で本体がいつ読み取りを行っているかを判別できないため)おそらく発振回路で連射させているものと思われる。

2

多くのゲームではコントローラの入力に応じて画面を書き換えるものであるため、画面書き換えのタイミングに同期してコントローラの読み取りを行う。日本のテレビのアナログビデオ信号は1/60秒で1画面の描画を行うものであるため、連射速度の理論上の最高値は秒間30射である。コントローラ側でそれ以上の速度で連射させることは無意味であるばかりか、連射しなかったりボタン入力そのものを検出しないおそれがある。

(続きあり)


【メモ】ファイアウォールの例外設定とプロキシ

ルータも作成したので、最後の仕上げとしてルータにipfwを入れようと思うんだけど、その前に通過するサービスをリストアップしなければならない。あと、各クライアントのプロキシ設定も。

(続きあり)


異なるネットワークセグメントにあるPS3からDLNAサーバにアクセスしようとしてうまく行かなかった話

Raspberry Pi3B+でルータを作った話の続き。

ラズパイの後ろ(有線LAN側)にプレステ3(と15年前の最初期のフルHDテレビ。D端子のみでHDMI無し)を設置して、手前(無線LAN側)にあるDLNAサーバにアクセスできないかとやってみて結局できなかったのでメモ。

(続きあり)


マイケル・ペイリンの「ストップ・ザ・売春天国」

2002年10月18日に書いた日記で言及した、パイソンズのメンバーが出演した映画のコレクション状況について。

しかしマイケル出演の作品はなかなか見つからないなぁ。「リッピング・ヤーン」とか「ストップ・ザ・売春天国」とか。あと「ジャバウォッキー」と「バンデットQ」もか。「ワンダ」と「危険な動物たち」は持ってるんだけど。

ストップ・ザ・売春天国(原題:The Missionary)以外は入手。リッピング・ヤーンはUK版だけど。ペイリンは近年ではコメディアンや俳優よりも紀行家として有名で、アマゾンで検索するとそれ関係のビデオが大量にヒットする。ストップ・ザ・売春天国はどうしようかな…。確認されているのは以下の通り。

(続きあり)


日本版NCAAの可能性は?

NHKの「大学スポーツ 学校や競技の枠超えて統括する組織創設へ」を一読して思う所など。

一スポーツ観戦者としては、アメフトをはじめとして様々な大学スポーツが盛り上がって欲しいと思っている。ただ、アメリカと日本とでは大学のあり方や学生スポーツの収益構造も大きく異なるので、日本版NCAAの成功には大学制度そのものにメスを入れる等の抜本的な改革が必要なんじゃないかとも思う。

(続きあり)


ゲームポートのしくみ

USBが普及する前にPC互換機で広く利用されたジョイスティック用の端子であるゲームポート(game port)について調べてみたのでまとめてみる。

(続きあり)


万博公園に行ってみた

去る9月10日、XリーグとJリーグの試合が重なったこともあり、万博公園(エキスポフラッシュフィールド・吹田サッカースタジアム)に行ってみた。てことで簡単なレポートを。

(続きあり)


Jリーグで使用するスタジアムがACL基準を満たしているか確認してみる

Important

(2017/4/12)

コトブキシーティング株式会社様よりご指摘がありました。「コトブキシーティングのBLM-1508/1510/1512/1516(以下BLM-15xxと総称)は背もたれの高さがカタログでは265ミリなのでわずかに足りない」との記載が本記事にありましたが、座面からの背もたれ高さは300ミリ以上確保しているとのお話でした。

また、AFCの基準を確認した所、現時点では基準が変更されていました。

本日、本記事を以上二点を反映させたものに修正しています。結果としてビッグスワン、南長野、長崎はACL基準を満たしていることになります。

きっかけは日刊スポーツの記事「ACLルール厳格化 川崎F等々力1階席は無観客に」。ACLのスタジアム基準(2012)の観客席関連の要旨は下記のとおり。

(続きあり)


DAZNは何をもたらすのか

先日、Jリーグと10年2100億の契約を結んだことでニュースになったDAZN(こっちのリンクとどっちが正しいのかな)。これが日本のスポーツ環境及びスポーツ界にどんな影響を与えうるのかを自分なりに調べてみた。

(続きあり)


Windows機のマザーボード入れ替え

今まで使ったいたWindows8.1機のマザーボード(ASUS M4A89GTD PRO/USB3)が故障して起動しなくなった。買ってから4年近く経ってるし問い合わせもすごく面倒そう(記入必須項目大杉)なのでさくっと買い替え。

購入したのは以下の四点

ダメ元で旧PCのHDDをつないでみたら普通に起動した(NT4.0 Workstationを起点とするアップグレード版なんでライセンス的にはセーフだと思う)。でもってドライバを入れ直して、せっかくだからHDD換装。EaseUS Todo Backup Freeというのを使ってみた。とりあえず今の所普通に動作している模様。再認証を要求されたのはOfficeとNortonだけでIllustrator、Acrobat、Windowsは特に何もしなくてもOKだった。

しかし過去の記録をみるとWindows機は二回続けてマザーボードが故障しているのか。



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。