Blog ページ1/1

杉浦享のすごさについて

ヤクルトの記録 より。

(2020/1/1追記: 上記サイトは更新されているので当時のWebアーカイブの方もリンク)

なんつーか、晩年の代打の切札のイメージしかなかったんだけど。

見事に三拍子揃ってます。おみそれしました。


OpenOffice.org 2.0

入れてみた。ソースのtgzが260MB強。何この巨大ソース。

(続きあり)


Acrobat ReaderとPluggerがコンフリクト

FreeBSD用のMozillaやFireFoxでMIDIやらMP3をならしたり、excelのデータを埋め込み表示したりするには、plugger という汎用プラグインソフトを使う。このpluggerはpdfにも対応していて、acrobat readerを呼び出すようになっている。一方、Adobe Readerなんかは独自のMozilla/FireFox用プラグインを持っている。

このため、pluggerとadobe reader(日本語版)の両方がインストールされている場合、ブラウザでpdfファイルを表示させようとすると、pluggerが優先されてしまい、PDFファイルがうまく表示されないようだ。

(続きあり)


親指シフト入力に適した入門向けディストリビューション

最近、Linuxを入れて、その上で親指シフト環境を作ってみよう、という方が増えているようなので、ここはLinux歴約3年(FreeBSDを含めると5年)、親指シフト歴約2年の人間として思うところなどを。

(続きあり)


Back to the FreeBSD

SCIM-Anthyが使えそうなので、Plamo Linuxを消してFreeBSD 6.0-Releaseをインストールしてちまちまと設定。いやー、やっぱり使い慣れたFreeBSDは勝手が分かっていいね。

SCIMAnthyとの相性を考慮して、日本語入力を伴うアプリケーションはできる限りQtやGtk2系統のものを使う。問題はemacsだが、これについては、 gnome-terminal -e "emacs -nw" として、gnome-termial上で実行させることによって対処することにした。


Appleのバーチャルマシン?特許 その2

例のブツ をもうちょっとまじめに読んでみる。

(続きあり)


Appleのバーチャルマシン特許

Mac系ニュースサイトで噂になっている特許。Macユーザな人たちは、「Virtual PC機能付Mac OSX for intel」みたいなのを期待してるっぽいが、多分違う。

(続きあり)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。