Blog ページ1/1

USBメモリからブート可能なFreeBSD環境の作成

dumpでバックアップできる環境ができたとしても、HDDがクラッシュしたときにrestoreできないと意味がない訳で。もちろん、FreeBSDのインストールCDを使えばいいのかも知れないが、玄箱のSambaにバックアップを保存している都合上、復旧の為の環境もまた、sambafsをサポートしてなければならない。

と、いうわけで、現行のサーバと同じシステムをUSBメモリにインストールして、緊急時にはUSBメモリから立ち上げてrestoreを行うのがよいと考えた。ブートできるUSBメモリの設定は、wiki.milkcup.jpのUSBメモリからのOS起動[archive]を参考に、以下の処理を行った。

(続きあり)


FreeBSD on LOOX R: タッチパッドとマウスの併用

LOOX Rに移行の続き

やっぱり、Exultなんかをやろうと思うと、マウスが必要になるわけです。で、外出してLOOX Rを使う場合は、タッチパッドを使うことになる。もちろんタッチパッドのスクロール機能は有効にしておきたい。

(続きあり)


LOOX Rに移行

メインの作業環境をLOOX R に変更しました。以下、設定時に引っかかった所など。

(続きあり)


Debian etch on 玄箱: dhcpd

もう玄箱の設定は当分やらないつもりだったんだけど・・・

メインのFreeBSD作業環境を今使っているシャープのデスクノートから、夏に買ったLOOX Rに変更することにした。こっちはWindows(XP Pro)とのデュアルブートにしているんで、たまに使うWindows環境もいくつかはこっちに移行、かな。

(続きあり)


Debian etch on 玄箱: squidGuard

玄箱の設定は終わった、かと思ったが、squidGuardの設定でちとつまづいたのでメモっておく。

FreeBSDだと標準でブラックリストがインストールされているのだけど、Debianだと自分でインストールしなきゃならない。そこで、sourceforge.jpのsquidGuardの記事を参考に、ブラックリストをインストールしてみた。

(続きあり)


一応の完了: 玄箱でバックアップ

バックアップを考える」、「Gentoo on 玄箱←失敗」、「Debian etch on 玄箱」の続き。

バックアップは以下の方針でいくことにした。

(続きあり)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。