Gentoo:タッチパッドを殺す

現在メインで使用しているシャープのデスクノートPC PC-W70S。性能的にはまず満足しているのだが、問題はタッチパッド(dmesgをみると、PS/2接続の模様)。でかい上、ホームポジションから右にシフトしているため、特に私のように親指シフトで運用している人間は、右シフト打鍵時に高い確率で親指の腹がタッチパッドに触れてしまう。そうすると、アクティブウインドウが変わったり(私はWindowsやMacOSのような"Click to Active"ではなく、"Point to Active"のUIを使用している)、なぜかOpera[archive]が落ちたりする。

んで、ブログを書いている最中にOperaが落ちて呆然とすることがしばしばあった。BIOSでタッチパッドを殺しているはずなのに、なぜか使えてしまう。

そこで、Linux側で対処できないかと思い、調べてみた所、Gentooでは、マウスのデバイスとして、 /dev/input/mouse0 , mouse1 , mice の3つがあることが確認された。デフォルトでは /dev/input/mice が使われている。マニュアルによれば、miceはPS/2とUSBマウスを統合したデバイスだとか[archive]。てことは、たぶん mouse0mouse1 はPS/2、USB個々のデバイスじゃなかろうか。ためした所、 mouse1 がPS/2、 mouse0 がUSBだった。

というわけで、 xorg.conf を書き換えて、タッチパッドを殺すことに成功した。ここまで書いてOperaが落ちる事なし。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07
2021 01

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。