Debian etch on 玄箱: dhcpd

もう玄箱の設定は当分やらないつもりだったんだけど・・・

メインのFreeBSD作業環境を今使っているシャープのデスクノートから、夏に買ったLOOX Rに変更することにした。こっちはWindows(XP Pro)とのデュアルブートにしているんで、たまに使うWindows環境もいくつかはこっちに移行、かな。

で、外出用のPCが自宅用のPCを兼ねることになるので、自宅仕様と外出仕様とを適宜切り替えなきゃならない。具体的には、以下の設定変更。

  1. /etc/rc.conf の変更(ifconfigとdefaultrouter)

  2. /etc/resolv.conf の変更

  3. ブラウザのプロキシの設定

  4. メーラのSMTP、IMAPポート番号の変更

3はここの更新(平文パスワードをインターネットに流したくない)と自宅のrep2(サーバサイドの2chブラウザ)アクセスの為の設定。4は自宅のメールサーバにアクセスするための設定。どっちもSSHトンネルを使用する。

まあ、3と4はチェックボックスのオンオフで済んでしまうので大した作業じゃない。めんどいのは1と2。この2つが間違っているとやたらと起動に時間がかかるし。てことで、自宅環境にdhcpdを導入し、FreeBSDクライアントは、自宅、外出先双方でDHCPを使うようにすればよい。そうすれば、1と2を省略できる。んで、このサーバはメンテナンスで半日落ちることもあるため、dhcpdを入れるなら玄箱、ということになる。

dhcpdのインストールは aptitude install dhcp であっさり終了。そして、manを参照しながら /etc/dhcpd.conf を編集してdhcpdを起動( /etc/init.d/dhcp start )すれば完了。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07
2021 01 07 08

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。