ダン・ミース氏に関するあれこれ

平野博昭広島市議が、「広島新球場官製談合疑惑」のキーマンとして挙げているダン・ミース氏(リンク12ですが、氏の建築家としての略歴が載っているサイトを見つけました。

なお、以前の記事 では、ミース氏の綴りを"Mies"としていましたが、これは間違いらしく、"Meis"が正しいようです。また、海外のサイトでは氏のファーストネームは「ダン」で通っているようなので、このサイトでもその表記に準じます。

(2/6追記あり)

まずは「Building Design+Construction」の記事から。Dan Meis Joins Nadel Architects as President[archive]というもの。

この記事によれば、ミース氏は2004年に独立して"Turner Meis + Associates"社を立ち上げ、その翌年、Nadel Architect社に社長として迎えられたようです。

Nadal Architectのサイトには、過去のミース氏の作品の一覧が載っているのでぜひご一読を。NBBJ上海支店にも無い新球場案の絵ものっています。また、新球場の説明には、秋葉市長からデザインの要請を受けたことも、市民球場の鯉の絵からインスピレーションを得たことも、ちゃんと記載されています。

一方の当事者であるミース氏は、秋葉市長とのつながりも、絵からインスピレーションを得たことも、別段問題であるとは考えていないようですね。

以下、2/6追記分

ミース氏はシンシナティのフットボールスタジアムであるPaul Brown Stadiumの設計者ですが、地元紙のThe Enquirerの記事(リンク切れ。URL: http://reds.enquirer.com/1999/08/29/red_a_search_for_perfect.html) によれば、シンシナティの野球場にもアイディアを持ち込んでいるようです(この時点で設計者はHOKに内定済)。 アメリカでは、このように、設計者が売り込みのためにプレゼンテーションを行う、というのは良くあることのようです。同じ流れで、ミース氏は広島市長にコンタクトをとってプレゼンテーションを行った、ということでは無いでしょうか。結果として、ミース氏の案は採用されなかったわけですし。

あと、ミース氏の作品と、これまでの新球場案を比べてみると、環境デザイン研究所案は、ミース氏の新球場案よりも、エンティアム案よりも、はるかにPail Brown Stadiumに似ていると思います。(特に横から見たイメージ。環境デザイン研究所案の側面図はベースボール・マガジン社の「球場物語2」に載っています)

そうすると、エンティアムのときはミース氏はあまり関与していなかった、ということになるんでしょうか。

コメント(0)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。