2002年8月の日記

2002年08月31日(土)

ごあいさつ

ずーっと更新しないのも何なので、ネタ帳代わりに日記でも書いてみることにしました。

(2019/10/20追記: まだブログになる前の日記です)

この日記

自前スタイルシートを使ってちと装飾してみましたが、Mozillaって相変わらずテーブルにスタイルシートかけると妙な表示になっちゃうのか。

まーそれがいやなら Konqueror という手もあるんだけど、重いんだよね。AthlonXPなデスクトップならともかくサブノートで使う気にはならん。 なぜか中國新聞ホームページでX11ごと落ちるし。 Operaはどうかなぁ.... 今度試してみるか。

いつのまに....

最近、部屋の小整理をしたところ、 LANカードが10枚ほど発掘されました。 いつの間に... 「とりあえず押さえておこう」というコレクター気質のせいであることは重々承知しておりますが(笑)。

ビデオカードも

4枚ほど余ってました(汗)

  • S3 ViRGE/GX2

  • Tsueng Labs ET-6100

  • ATi RADEON

  • ATi/ ASK RADEON7500 EvilMaster

安物買いの銭失いを地で行ってますな。現行の自作機だけで2枚無駄にしています。(RADEONとRADEON7500)

とりあえず ATiはアレ だということが分かりました。自作機(LCDなモニタ使用)の場合、

RADEON(アナログのみ)
  • WindowsXPで画面がちらつく。ボケる。

RADEON7500(アナログ&DVI)
  • WindowsXPが固まる。

  • DVIでVGAテキストやVGAグラフィックス(640x480)が表示されない。 つまり、DVIだと ブートマネージャが見えない 、ということです。

  • アナログでものすごくボケる。

ということです。まあ、今使っている LeadTek GeForce3Ti500(GF4はまだXFree86が対応していないわけで)もDVIでX11が駄目だったりしますが、アナログでボケないので許す。

思えば、ATiはVTOWNSのMach64(CT264だったかな)の時もトラブルが。 SIMM4枚差すとWindows95でハングするとか。 (富士通が悪いという説もあるが) なぜかNT workstation4.0だと大丈夫だったけど。あとSlackware3.4のXFree86が対応していなかったとか(これはトラブルじゃない)。

あ、でも今職場と自宅Win9x機で使っているRAGE128VRは特に問題ないか。

セキュリティ勧告(ports)

あとでチェックしておこう。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07
2021 01

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。